ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

美味しいパエリアを食べたいっ!東京のアロセリア2選

¡Hola! DEKAEです。

旨いスペイン料理屋は日本にも数あれど、中でも「コメ料理」に特化したレストランが注目を浴びているのをご存じですか?

日本人とも相性のいいスペインのコメ料理。その専門店が東京にもあるのです。

Arroceria(アロセリア)とは?

スペイン語でコメのことをarroz(アロス)といいますが、コメ料理を専門で出すレストランのことをArroceria(アロセリア)といいます。

スペインのコメ料理はセコ・メロソ・カルドソなどに大別されますが、それら各種をバラエティ豊かな具材とともに取りそろえたのがアロセリアです。

日本でも圧倒的に有名なパエリアはアロス・セコ。セコは「乾いた」の意味で、汁気は完全に飛ばしてしまいます。

きちんと火入れをするレストランではおこげもできますが、これが絶品!

メロソはおじやとかリゾットといった感じでしょうか。カルドソはお粥…?スープパスタならぬスープライスって感じです。

しかしまぁ、わざわざコメ料理専門店ができるほどの米食文化があることに驚き。

とは言え、主食ではなくパンとかと一緒に食べるものという認識の方もいるらしいですけどね。

同じラテン文化圏ではメキシコのブリトーなんかもそんなイメージかも。

さて、日本人も大好きなお米を少し違った形で提供するアロセリア。世界中の美味しいものが集う街・東京に、やっぱりありました。

Sal y Amor(サル・イ・アモール)/代官山

雰囲気

2012年代官山に初めてオープンしたアロセリア、その名も「塩と愛情」。

代官山駅から八幡通りを渋谷方面にしばらく歩いていったところにひっそりと佇んでいます。

f:id:niche_dekae:20181217225544j:plain

地下に降りていくと…

f:id:niche_dekae:20181217225429j:plain

これは「美味しい雰囲気」であると確信(どや顔)。座席数が少ないので予約必須です。

そんな今をときめくアロセリアはスペイン人と日本人のお二人で経営されています。

特にスペイン出身のガルシア氏は、青山で40年にわたり店を構え続ける老舗レストラン『El Castellano』(エル・カステリャーノ)オーナーの息子さんとのこと。

私El Castellanoは行ったことがないのですが、ここのオーナー夫妻はかなりの個性派らしいですね!いつか会ってみたいような恐ろしいような…

料理

それではお料理の写真をば。

f:id:niche_dekae:20181217225618j:plain

▲冷製スープのガスパチョ。トマトと桃の味がしっかりします。

f:id:niche_dekae:20181217225659j:plain

f:id:niche_dekae:20181217225722j:plain

▲おなじみタコのガリシア風にトルティージャ。

f:id:niche_dekae:20181217225756j:plain

▲カジョス!!トリッパ(ハチノス)のトマト煮込みです。ハチノスは牛の第二胃。

f:id:niche_dekae:20181217225846j:plain

▲今回のお米はアロス・ネグロ(イカ墨のパエリア)にいたしました。

他にもウサギを使ったパエリアや、おじやに近いアロス・カルデロ、フィデウア(ショートパスタのパエリア)なんかもあってめっちゃ迷います…。

看板に偽りなしで、全体的にけっこう塩気はしっかりめ。お酒が進むやつですね。

ドリンクメニューですが、私は大好きなMOSTO(モスト。ワイン醸造用のぶどうから作ったジュース)があったのでそれだけで満足です。

もちろんワインも豊富ですが、友人はシードルのようなリンゴの発泡酒を飲んでました。

ホスピタリティ

ところでこちらのお店、味はもちろんサービス精神も素晴らしかったのです。

今回は友人A、友人Bと三人でお邪魔したのですが、Bが遅れてくるのでAと二人でしばらく待っていました。

するとAが「あれ、この間Bの誕生日だったよね?」と。

で、その場で店員さんに「すいません、今からバースデープレートとかお願いできますか…?」と聞いたところ快くOK!

急なお願いだったにもかかわらず、ちゃんと照明を落として花火付きのプレートを出してくれました。

お店がコンパクトなので他のお客様も祝ってくれて…なんかすげースペインっぽい!←

この店員さん、見た目は完全にラテンなお兄さんなのに あまりにも日本語が自然すぎて、私のスペイン語が火を噴く機会はついぞ訪れませんでした…。

Sal y Amorはミシュランガイドのビブグルマンに2016年~2018年と3年連続で選出されていますよ~。

味・雰囲気・ラテンのホスピタリティを満喫できてこのお値段なら大満足です。

なお、2017年には銀座の端っこに姉妹店『Arroceria La Panza』(アロセリア ラ・パンサ)もオープンしたとのことです。

アロセリア サル・イ・アモール食べログぐるなびホットペッパー

XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)/渋谷

概要

2018年開業した『渋谷ストリーム』の目玉として入居したレストラン。

この店はスペインのバルセロナで一番のパエリアを食べられるとして、25年もの間愛され続けています。渋谷にオープンしたのは世界初の支店。

CHIRINGUITO(チリンギート)とは夏の浜辺で魚介料理を出すカジュアルレストランのこと。

ですので厳密にはアロセリアではありませんが、やはり自慢のパエリアは超一品なのです。

f:id:niche_dekae:20181217230032j:plain

xiringuitoはカタルーニャ語かなぁ?

料理

f:id:niche_dekae:20181217230203j:plain

▲鱈のすり身を揚げたやつ。

f:id:niche_dekae:20181217230253j:plain

▲どこでも食べたいタコのガリシア風…

f:id:niche_dekae:20181217230327j:plain

▲お店おすすめのパタタス・ブラーバス。スペインのバルでは定番らしいですね。

素揚げしたジャガイモにアリオリソースとブラーバソースというものを和えて頂くんですが、絶品!これ食べたさにリピートしたいぐらい。

f:id:niche_dekae:20181217230645j:plain

▲お店の看板メニューのエスクリバ・パエリア(Mサイズ)。

大きなパエリア鍋に入っており、木のスプーンでみんなでつつきながら頂きます。

デカさのわりにペロリと食べられてしまいます。おこげも美味!

f:id:niche_dekae:20181217230814j:plain

▲んでアロス・ネグロ(Mサイズ)を追加注文してしまいました。周りを見ると、3名以上なら2種類頼んでいるテーブルがほとんど。

パエリアは4種類あり、全てコメかフィデウア(パスタ)かを選べます。

今回はどちらもコメにしましたが、個人的にはフィデウアも好き。日本人にはあまりウケが良くないそうですが。

f:id:niche_dekae:20181217231011j:plain

▲バスク風チーズケーキ。上が黒いとバスク風なんだそうです。

青いタイルを中心とした地中海風の内装で、カジュアルにリラックスして楽しめます。

f:id:niche_dekae:20181217230057j:plain

この看板だけはいかがなモノかと…スペイン料理店にこの書体で英語かよっていう。

チリンギート・エスクリバ食べログぐるなび

おわりに

魚介の旨味が凝縮したアルデンテのコメ、パエリア。食べ始めたら止まらない魅力がありますよね。

都内には他にも超絶美味しいパエリアを食べさせる店がいくつかあるのですが…今は内緒♡←

 

通なあなたにはバスク地方の料理なんていかがです?

www.niche-dekae.com

いっそのこと自分で作っちゃいます?

www.niche-dekae.com

  

おしまい