ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

CCさくらは永遠です!カードキャプターさくら展‐魔法にかけられた美術館‐

こにゃにゃちわ、DEKAEです。

待ち焦がれたCCさくら展がようやく開幕しました。

これから見に行く方のシミュレーション用にネタバレ全開で内容を書きますので、まっさらの状態で鑑賞したい方はご注意くださいね。

f:id:niche_dekae:20181029203953j:plain

 

魔法にかけられた美術館

はい、やってまいりましたのは六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー。こちらで2018年10月26日(金)より、『カードキャプターさくら展‐魔法にかけられた美術館‐』が開催されています。

私が行ったときには東京映画祭も絶賛開催中で、一帯が賑わっておりました。

ものすごく混雑すると踏んでいましたが、日曜の18時頃に行ったところ比較的ゆったり見ることができました。写真撮影も余裕です。

で、混雑を予想していたので前売り券を買っておこうとしたのですが、前売りが100円しか安くないの。コンビニで発券すると手数料がかかって当日券より高くなるという謎の事態ですよ。

さくら友達と二人で行きましたが、ペアチケットも平日しか使えないというケチっぷり。

ちなみに限定グッズ付や音声ガイド付を買うほどの熱心なヲタクではありません←

さくらクレパスはちょっとだけ欲しかったけどね…

 

いざ展示ルームへ

はじまりの書庫

何はともあれ早速入ってみましょう。

f:id:niche_dekae:20181029204028j:plain

もう、真っ先に目に入ってくるのがこれですからね。

そろそろ良い大人なので叫んだりすることはないものの、静かにテンション爆上げ。

互いに写真を撮りまくっていたら、スタッフの方より「よろしければお二人で」とありがたいお声がけが!空いていたからか、この日はわりと積極的にスタッフの方が写真を撮ってくださいました。

この部屋では大きな本に模したボードがたくさん立てられ、さくらの概要が詳細に記載されているほか、著名人からのコメントが寄せられています。

一つ一つに「うんうん」と頷いてしまう説得力w

『なかよし』にさくらの連載が開始された号の紹介なんかもあり、なかよし派は狂喜乱舞でしょう。私は単行本派ですが←

この次の部屋はスペシャルムービー。ここでさくらちゃんが美術館全体に魔法をかけますよ。

花(フラワー)の部屋

ムービーの部屋を出るとあらビックリ、そこら中が花だらけに!

CLAMP先生が描いた花の絵の展示があり、そのまわりに花のステッカーを貼るインスタレーションです。

展覧会の終了に向けて、どんどん花で埋め尽くされていくのが楽しみですね。

包囲(シージュ)の部屋

『知世ちゃんのアトリエ』と称したファン垂涎の部屋です。何てったって、さくらちゃんのコスチュームが飾ってあるんですもの!!

最後の審判の時のコスチュームに、全てのクロウカードをさくらカードに変えた日のコスチューム…

f:id:niche_dekae:20181029204129j:plain

絶対だいじょうぶだよ。

いやー旧作の展示にも力を入れてくれていて本当にありがたや…新章も楽しみに読んでいますが、やはり旧作に思い入れのある世代なものですから…

迷(メイズ)の部屋

貴重な原画展。撮影禁止ゾーンです。12月1日(土)から1月3日(木)までの後期には展示が全て一新されるそうです。

ちょこっとだけ展示替えするのはよくありますが、これだけのボリュームを切り替えるのはすごい。

個人的神回の原画が多数で半ば涙目でした…

そしてカラー原画の美しさには息を飲みます。

記録(レコード)の部屋

さくらの歴史を年表形式で紹介する部屋です。

驚くことになかよしの付録も展示されていました!なかよし買ってないけど これは懐かしい、分かる!←

またここで、これまでの単行本を全て読めます。一日過ごせるやつ

大(ビッグ)の部屋

急にアニメオリジナルの魔法が登場するんかいって感じですが、ここは最重要撮影スポットですっ。

f:id:niche_dekae:20181029204218j:plain

スタッフの方が「並ぶ必要はないので、好きな角度から撮影してください。通路をふさがないで」と一生懸命言ってましたが、まぁ当然ケロちゃんを独占するためにみんな並びますよねw

自然とケロちゃんに相対するように列ができてしまったので、撮影の一部始終を列の皆さんに見守られる形になってしまい、つらかったです。

クロウカード・さくらカード・クリアカードの図柄も拡大されてきれいに展示されています。

この部屋を出るときにさくらちゃんから素敵なサプライズがあり、感涙でした。

グッズ

熱心なファンの皆さんはグッズも予習されているかもしれませんが、気になっていたのは『さくらのベッドのさくらちゃん人形』です。

秒殺で売り切れたのでしょうが、3日目の夜にしてもう姿を消していました。再販するのかな?

受注生産でNoritakeのコーヒーカップ&ソーサーセットまであります。気合を感じる…

コラボカフェ

美術館を出たところにある夜景の見えるカフェは、完全にさくらとのコラボになっていました。

夕飯の予定があったので飲み物だけ頂いていきました。ケロまんとスッピーのカレー食べたかった…(;_;)

f:id:niche_dekae:20181029204257j:plain

なんかタピオカの入ったノンアルコールカクテルです。

この他、六本木ヒルズ全体でさくらとのコラボ商品を売っているみたいですよー。

f:id:niche_dekae:20181029204339j:plain

知世ちゃん…

 

おわりに

展示は各国語に翻訳されていました。

小狼とさくらの説明に”They used to be romantic rival”とあったのは意味不明すぎて笑いましたが。

そういえば私たちが行ったタイミングはアラサー気味の人が多く、わりと同世代空間でした。

一方、鑑賞中に「1999年って私ギリギリ生まれてない」との声も聞こえてきて、友人と顔を見合わせて慄然としましたが…

国籍も世代も超えて愛されるというさくらちゃん。まさに『カードキャプターさくら』の描く優しい世界そのものですね!

 

 

おしまい