ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

新原宿グルメ!チーズステーキサンドイッチ片手に裏原を歩く【ジェイディーサービス】

こんにちは、DEKAEです。

すでにワイドショーやSNSで話題沸騰中の「チーズステーキサンドイッチ」の店、JD service。

コッペパンに牛丼の具材を挟むという斬新なスタイルを味わいに、ミーハー心満載でキャットストリートに繰り出します。

ジェイディーサービス JD SERVICE

JD service(ジェイディーサービス)は、2020年10月にオープンした「チーズステーキサンドイッチ」の専門店です。

といっても普通の店舗ではなく、移動式キッチンカースタイルでの営業。原宿のストリートカルチャーに上手いこと馴染んでいます。

こちらで提供するチーズステーキとは、炒めた薄切り牛肉にたっぷりのチーズソースをかけ、細長いパンで挟んだもの。

もともとアメリカ合衆国・フィラデルフィアの名物ですが、これを使って「原宿のソウルフードを作りたい!」と思ったのが始まりだそう。

そこで白羽の矢が立ったのが、キャットストリートのおしゃれ讃岐うどん店、麵散でした。

実はこちら、裏メニューの牛丼がおいしいと評判。その具材(アタマ)をサンドすることにしたわけですね。

これを挟むパンは、同じくキャットストリートで超絶映えているパン屋The Little BAKERY Tokyoに開発を依頼。柔らかなコッペパンが登場しました。

まさに裏原エッセンスの結晶とでもいうべき存在ですね。

チーズステーキサンドイッチ

話題のチーズステーキを早速いただいてみましょー。

基本のサンドイッチは税込750円。プレーンというのが600円でありますが、これがどういうものかは謎です。

最近よく見かける気がするアメリカっぽい価格表示。パッと見「はいはい7.50ドルね、えっ?」となるやつです←

追加料金でお気に入りの具材を増量でき、ホットソースの追加オプションもあります。

飲み物は自家製のコーラとレモネード。この日はコーラが仕込み中だったため、サンドイッチのみ注文。

キッチンカーの横に食べるスペースはありますが、これを片手にキャットストリートを練り歩くことにしました←迷惑

裏原入口の庭っぽいスペースでいただきます。

ご覧の通り、薄切り牛肉に特製チーズソースがたっぷりかかっています。とろ~りとこぼれ落ちてきてすこぶる食べづらい(笑)

ティッシュなど準備して行くことを激しくおすすめします。

牛肉は確かに日本の牛丼の味。評判を呼ぶのも納得の、旨みをしっかり感じる味付けです。

その上に乗っかるのが、牛丼には欠かせない紅ショウガ。しかも、ただのショウガではなく天ぷらなのです!

サクサク食感が楽しく、普通に食べるよりも軽やか。ただし油断するとすぐに落下します。

コッペパンはふわっふわで、ほんのり甘い。これだけで3個くらい一気食いできそう…

パン以外は完全にチーズをかけた牛丼って感じ。なかなかマッチしており不思議な感覚です。

しかし、全体的に食事としてボリューム不足なのは否めない…

少食の方にはちょうどいいかもしれませんが、食べ歩きのおやつ向きかもしれません。ちょうど片手に持ちやすいサイズ感ですしね。

そう考えると、もう一声安いとうれしいけれど…

ジェイディーサービス → 食べログ

表参道を青山方面にずんずん進み、キディランドを超えてDIOR様の手前を右に曲がるとワゴンが見えます。

営業時間は11:00~18:00、不定休です。

おわりに

アメリカンなチーズステーキを和風にアレンジした新感覚グルメサンドイッチ。

片手に持ちながら、アメリカのダウンタウンよろしくキャットストリートをスタイリッシュに歩いてみてはいかがでしょう。服にこぼさないように気をつけてね

関連記事 

www.niche-dekae.com

 

おしまい