ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

高雄の「許記蒸餃」の蒸し餃子は鬼リピート確定です【台湾・高雄】

你好(リーホウ)、DEKAEです。

台湾第二の都市、高雄。高雄駅の近くにあった餃子屋さんがものすっごい美味しく、思わず二日連続で行ってしまいました。

素材の味を活かした蒸し餃子は、多くの日本人の口にもきっと合うはず!

そんな許記蒸餃のご紹介です。

許記蒸餃

雰囲気など

何を隠そうワタクシ、焼き餃子というのがあんまり…でして、蒸し餃子や水餃子のほうがダンゼン好きなのです。

その点、中華圏ではそういった類の餃子のほうが一般的なので、パラダイスというわけ。

それはさておき、2019年から2020年へのカウントダウンを台湾・高雄で過ごしていたDEKAE。

高雄駅前の宿をとって、Google Mapであたりの様子を探っていたのですが、すぐ近くに高評価のお店を発見しました。

許記蒸餃です。

看板がないので目の前に行かないと気付かないのですが、この緑の屋根のところ。

中の通路を通っていると、分かりやすく看板がぶら下がっています。

通路に出されたテーブルにもたくさんお客さんがいますが、店内で席を確保。

店内の席は、壁ぎわに置かれた長机が一つだけ。ここに丸椅子が8脚程度置かれ、カウンター席のようにして座ります。

行ったときは端の席しか空いていなかったのですが、この端っているのが机の横側なんですよね。

どういうことが起きるかというと、机の骨組みがあるので足を伸ばせず、きゅっと閉じたままで座ってないといけないわけです。

お世辞にも快適とは言えない(笑)

のみならず、あまり綺麗でもなく…黒い妖精さんの姿なんかもチラホラ(笑)

真夏はけっこう過酷な気がするので、冬に訪れるのがおすすめかもしれません。

蒸し餃子(5個)

まぁとにかく注文してみましょう。

お兄さんに「蒸餃」の文字を指さして注文すると、「Dumpling? Half? Normal?」と英単語で聞かれました。

とりあえず「ハーフ」をお願いし、待つ間に店内の様子を観察してみます。

すると、小さいお店にもかかわらずタネを作る担当、皮を作る担当、蒸す担当…とけっこうな人数での分業制。なおかつ、皆さん絶えず作業しています。

蒸し餃子は、もちろん注文が入ってから包んで蒸してくれるみたい!

10分くらい待っていると、蓋のされた桶が到着。目の前で開けてくれました。

ひゃ~♡

卓上の調味料セットから、自分好みのたれを準備します。醤油・酢・ごま油の基本に加え、お店秘伝の辛味噌も少し拝借して。

早速いただいてみると…

まずは、もちもちの皮に感動。べたっとせず、少し弾力があって。やはり作りたての皮は素晴らしいですね…。

そして、あんがたっぷり詰まっていることに気付きます。ここではお上品に食べることは諦めて、思いっきりもぐもぐしちゃいましょう。

意外にも、ニンニクや生姜といった典型的な餃子の味がしません。代わりに、酒で引き出された肉の旨味をしっかり感じます。

この肉がまたプリップリなんですよぉぉぉ。計算し尽くされた加熱時間。

そして何より、野菜の甘みがすごい!使われているのは玉ねぎとキャベツのようですが、肉の旨味と完璧に調和しています。

もうね、感想を一言で述べよと言われたら、「はぁ…幸せ」これに尽きます。

極限までシンプルな味付けですから、スパイスやハーブが苦手…という方も安心して連れて行けますよ。

ボリュームも素晴らしく、一口では食べきれない大きさ。

が!5個なんて一瞬で無くなっちゃいますから!!あぁ、ケチらず通常サイズにしとけば良かった…と心から後悔しました。

蒸し餃子(10個)

…で、まんまと翌日もう一度行ったわけですね。

大晦日・元旦の2日間にわたって訪れたのですが、両日とも営業していて良かったです。

あれっ数増えてない…?

10個でも余裕のペロリでした。あ、ちなみに一人ですからね

はっと気が付くと、あっという間に残り2個とかになってるんです。

食べ終わるのが悲しいあまり、ラスト1個はしばらく見つめてからいただきました…。←

高雄ってあんまりすることが無いんですけど(笑)、この餃子のためだけに再訪したいとすら思えます。

お店のおとっつぁんが、白いものをバスケットボールのようにクルクル回していて、

「雑巾回してるの?あ、餃子の生地を伸ばしているのですね!なんて職人技でしょう」

とか思っていたら、餃子の下に敷かれていたタオルでした。

アクセス・営業時間

そんな許記蒸餃の場所はこちら。

高雄駅を美麗島方面に出て、建國二路で左に曲がって進んでいきます。

林森一路という道路で右折すると、すぐにお店が。セブンイレブンが右折の目印です。

高雄駅に近いため、高雄に用がなくても途中下車してさくっと立ち寄れる立地。

また、この辺りには古~い安ホテルが並んでいるので、駅チカで宿を探している方にはおすすめです。

営業時間は11:30~21:00となっていて、朝食や夜食には使えないので要注意ですね。

また祝日である元旦は営業していましたが、日曜日が定休日のようです。

おわりに

素材の味を極限まで引き出して、もちもちの皮に包まれた蒸し餃子…。

家で作ってみても、許記蒸餃の味にはならなそう。これぞ外食の醍醐味ですね。 

昼に食べてもニオイの心配がありませんし、騙されたと思ってぜひ一度!試してみてくださいまし。

関連記事 

www.niche-dekae.com

 

おしまい