ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

LEMONADE by Lemonicaにてレモネード天国ルーマニアに思いを馳せる

こんにちは、DEKAEです。

LEMONADE by Lemonica 渋谷ストリーム店にようやく行けました。

 

LEMONADE by Lemonica

2018年9月13日に開業した渋谷ストリームの店舗一覧を見ていた私は、にわかに沸き立ちました。

何とレモネード専門店が出店するというではありませんか…!

ヨーロッパ旅行中にカフェに入るとたいていレモネードがあってですね、ちょっと疲れているときやリフレッシュしたいときに非常に重宝するわけです。

一方、日本ではあればラッキーというような感じ。

夏はレモン味の炭酸水、冬はアサヒ飲料の『ほっとレモン』を溺愛する私にとって、気軽にテイクアウトできるレモネードスタンドの登場は願ったり叶ったりだったのです。

…ってこのLEMONADE by Lemonica、都内にはすでに原宿・竹下通りと下北沢に出店済みだったのですね。不覚にも全く気づきませんでした。

 

渋谷ストリーム店

渋谷ストリームが開業した直後の3連休、ちょうど渋谷に用事があったのでレモネード買って帰ろー♪と立ち寄ってみたら

大・行・列

言っちゃ悪いですが、たかがレモネード買うのに何でこんなに並ぶの…

これは平日の閉店間際に駆け込むしかないっ。

というわけで何の変哲もない、しかも雨が降る平日の夜に渋谷ストリームへ行ってきました。

時間は20時40分。あと20分で閉店してしまう!と駆けていきましたが、先客ゼロ!

あっさり購入できました。

f:id:niche_dekae:20180920233738j:plain

はい映え~。

今回注文したのは、キウイシロップ入りのレモンソーダのLサイズ。

シロップ入りはLサイズからしかないんだそうです。氷がぎっしり入っていてわりとすぐ飲み干してしまいますが。

ちょっと甘い…。でもしっかりレモンの味がしました。初来店でスタンダードなメニューを頼まないのが私の悪い癖なのですが、ノーマルなレモネードはよりレモン感が強いのかも。

レギュラーサイズなら300円弱だし、この手のお店にしては良心的なお値段じゃないでしょうか。

ただ一点残念なのは、冷たいレモネードを楽しむには少々秋めきすぎてきたという点でしょうか。

冬になれば、ホットレモネードを飲みながら目の前の渋谷川を覗くなんてのもオツかもしれません。

  

ルーマニアとレモネード

ところで、私が行ったことのある国の中でも特にレモネードのバラエティが豊かだったのがルーマニアなのです。

どのカフェ・レストランに入っても必ずレモネードがあり、しかもちゃんと自家製っぽい。

 f:id:niche_dekae:20180920233536j:plain

▲ハンガリー文化が色濃いクルージ・ナポカという街で、なぜかオーストリア料理の店に入ってしまったとき。

f:id:niche_dekae:20180920233549j:plain

▲有名な観光地である『陽気な墓』の隣にあったカフェ。

ちょっとクリーミーな感じ?たっぷり入っていて良い水分補給になりました。

f:id:niche_dekae:20180920233607j:plain

▲世界遺産の街シギショアラ歴史地区の、ちょっと良いホテルでディナーしたとき。

ウエイターさんたちは洗練されていて非常に感じの良い方たちでしたが、ここで一人ディナーするのは辛すぎました。どうでもいい情報ですが。

写真も周囲の目を盗んで恐る恐る撮りました

f:id:niche_dekae:20180920233618j:plain

▲同じくシギショアラのカフェにて。

どこぞの国のようにアジア人が外の席に座っても何にも言われなくて良かったです(笑)

私が行ったときはけっこう日差しの強い時期でしたけど、飲食店で頼んだレモネードには氷が入ってませんでした。

私キンキンに冷えた飲み物が非常に苦手なので、これは大変ありがたい。

ルーマニア人は身体が冷えるのを嫌うらしく、風にあたるのも嫌がる人が多いのだそうです。

 

おわりに

夏にはさっぱり、冬にはあったかく楽しめるレモネード。

レモニカがタピオカ並みにバズれば町のレモネード屋が大増殖し、もっとお手軽にレモネードを買いに行ける日がくるのでは…?

そんなことを今日も密かに夢想するDEKAEです。

 

 

おしまい