ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

世界No.1フライドチキン!?メンフィスの美味しいもの【アメリカ合衆国南部】

こんにちは、DEKAEです。

メンフィスで超ホットなフライドチキンをついに食べてきましたよ。その他グルメプチ情報もご紹介します。

 

Gus's Fried Chicken

メンフィスに来たら絶対食べたいと思っていたのがGus's Fried Chickenのフライドチキンでした。全米で地道に展開しているようですが、ここが創業の地です。

美味しすぎて二回行きました。

f:id:niche_dekae:20190109203509j:plain

フライドチキン屋にしてはムーディですね。

店の外でも大勢の人が待っています。「並んでますか?」と聞くと皆さん「テイクアウトを待っている」とのこと。よく仕組みが分からないのでとりあえず入ってみます。

f:id:niche_dekae:20190109203541j:plain

店に入るとまずはレジに行って、店内で食べる場合はウェイティングリストに名前を書いて待ちます。また同じレジでテイクアウトの注文もできます。

初回は一人で待つのもナンだなと思ってテイクアウトでお願いしたんですが、結果的に待ち時間はあまり変わりません。

テイクアウトでも30分以上かかり、忘れられたのかと思いました(笑)英語が話せる方でしたら、電話で事前に注文できます。

セットメニューにはwhitedarkとがあり、whiteは胸肉ともも、darkは手羽と大腿(?)。これにサイド二つが付きます。

f:id:niche_dekae:20190109203625j:plain

こちらはテイクアウトしたdarkのプレート。

ガブリとかぶりつくと、まずはサクッという軽やかな音に驚きます。そして油断していると肉汁があふれそう!

ジューシーなチキンの風味を、テネシー流のスパイシーな味付けが追いかけてきます。

サイドについてきた豆もほんのり甘くて美味しいし、コールスローと合わせてスパイシーさを中和してくれます。

さらに驚いたのは別途注文したグリーントマトのフライ(写真右)。

食べてみると「ジュル」でも「ニュル」でもない絶妙な食感!はじめはほんのり甘く次第に酸味を感じてきて、いくらでも食べられてしまいます。

うーん聞きしにまさるWorld Famous Fried Chicken。

というわけで、やっぱりもう一回行って店内でも食べてきちゃいました。

f:id:niche_dekae:20190109203658j:plain

whiteのセット。こちらの方が小さいので安いです。そしてwhiteの方がプリプリでさらに美味しかった!!

店内でソフトドリンクを注文すると ちょくちょくおかわりを聞きにきてくれます。さらに帰るときには「持ち帰り用に注いどきましょうか?」のダメ押し!

待っている人の視線が気になって長居しにくい雰囲気なのが唯一の欠点(笑)

 

Arcade Restaurant

1919年創業のArcade Restaurantはメンフィス最古のカフェを名乗っており、かのエルビス・プレスリーも常連だったとか。

f:id:niche_dekae:20190109203743j:plain

朝食に訪れました。

私『ベイビー・ドライバー』(2017)という映画を観て以来、こういう いかにもダイナーです、みたいな古臭いダイナーに行くのが夢だったのですよ。

f:id:niche_dekae:20190109203807j:plain

さらに「ダイナーで働く女の子」に幻想に近い憧れを抱いていたDEKAE、ここの店員さんたちがイメージそのまんますぎて朝から萌え死ぬ。

特に愛想がいいわけでもないんですけどテキパキ働いていて…何より全員可愛かったです←

さて、こちらの名物はエルビスが愛したピーナッツバター&バナナサンド(通称エルビスサンド)。が、私バナナが食べられないので無難にパンケーキにしときました。

f:id:niche_dekae:20190109203825j:plain

スイートポテトパンケーキ。ほんのり甘みがあります。添えられたシロップをたっぷりかけて…うふふ

コーヒーは2ドルちょっとで、定期的におかわりを注ぎにきてくれます。これも映画通りだ~と感動しつつ たっぷり2杯飲んでいきました。

朝食を食べに来ていた警官のおじさんが帰り際に店員さんと立ち話をしていたら、奥から「Happy birthday!!」と別の店員さんが声をかけました。

他の店員さんも次々に「あ~そうだった!おめでとうございま~す!」とお祝い。

警官もうデレデレ…そりゃこんな可愛い子たちに祝われたらそうなるわな、という微笑ましい一コマでした。

前出のGus's Fried Chickenもポリス割引というのがあるようで、この街で警官というのは愛されているんだな~と。それだけタフな仕事、ということなんでしょうけど…

 

Earnestine and Hazel's

お化け屋敷バーとして有名なEarnestine and Hazel's。そのdopeな店内については別記事で触れていますが、こちらでは店の代名詞たるソウルバーガーをご紹介します。

f:id:niche_dekae:20190109203907j:plain

ソウルバーガーです。店内にメニューが見当たらなかったので判然としませんが、これがこの店唯一のフードメニューみたい。

登場すると、まずはアメリカらしからぬ小ささに驚きます(笑)日本のマックの通常サイズと同じくらい。

そしてソウルバーガーとは何が入っているのかという感じですが、チーズとピクルスと…まぁ、マックのチーズバーガーとほぼ同じです(笑)

みんなそれは分かっているんだけど、メンフィスに来たらE&Hには必ず立ち寄らないといけないし、ソウルバーガーは必ず食べなきゃいけない…という共通認識のよう。

そんなこんなで日々かなりの販売数を誇ることが推察されるソウルバーガー。パテは絶えず店内の鉄板で焼かれており けっこうジューシーです。

 

テネシーBBQ

メンフィスはテネシーBBQの本場です。

ということは重々承知していたのですが、その前にナッシュビルで十分食べたのでメンフィスではお店を見に行っただけ…。

Rendezvous

f:id:niche_dekae:20190109204204j:plain

エルビス・プレスリーの大ファンである小泉純一郎元首相がブッシュ元大統領と訪れた店。ご覧の通りの行列です。

Central BBQ

メンフィスっ子なら知らぬ者はないというCentral BBQ

f:id:niche_dekae:20190109204254j:plain

市内に何店舗かあります。学割があるそうでメンフィスの大学生の憩いの場になっているとか。

テネシーBBQといえばリブロースで、dryかwetで提供する店が一般的。調べによるとCentral BBQではdryとwetのハーフ&ハーフを注文できそうですよ!

 

その他(ミッドタウン)

メンフィスで最近流行のレストランが集まるのは、Overton(オーバートン)やCooper-Young(クーパーヤング)といったミッドタウンのエリアだそうです。

私は足を伸ばしていませんが、この辺りは比較的治安も安定しているようなのでお時間のある方は探検してみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

出会う人全てが明るく親切な同州ナッシュビルに比べ、メンフィスっ子たちはアンニュイな雰囲気。

かと言って感じが悪いという印象はなく、サービス面で不便な思いをすることは全くありませんでした。

やる気はないけど仕事ができて一目置かれる人、みたいな店員さんが多かったというか(笑)これはこれで心地良かったです。

 

関連記事

www.niche-dekae.com

www.niche-dekae.com

 

 

おしまい