ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

OIMO cafeは要予約?お茶するだけならフラリと立ち寄れます【埼玉・三芳町】

こんにちは、DEKAEです。

所沢方面で用事の際、ふと思い立って かねてより興味のあったOIMO cafe(オイモカフェ)に寄ってみました。

ランチタイムは予約必須の人気店ですが、夕方に伺ったところさくっと入れました!

美味しいコーヒーとさつま芋スイーツをいただいてきたのでご報告いたします。

Oimo Cafe(オイモカフェ)

概要

OIMO cafe(オイモカフェ)は埼玉県の三芳町にあるカフェ。

地場野菜を使ったランチやさつま芋スイーツが人気だそう。スペシャリティコーヒーにも力を入れています。

そんなわけで特に週末のランチタイムは予約必須!しかも基本的に二部制で、好きな時間にふらっと入ることは至難の業という噂。

美味しそ~と思いつつ難易度が高く挑戦できずにいたのですが、たまたま所沢で用事があり ものすごく近いことが判明したので立ち寄ってみることにしたわけです。

デザートメニューも、つぼ焼きおいもとかスイートポテトとか魅力的なラインナップ…

なお三芳町の広報大使にハロー!プロジェクトユニットJuice=Juiceの金澤朋子さんが委嘱されています。

アクセス

さてこのお店、車がないとちょっくら行きづらい場所にあります。

鉄道駅から歩こうとすると1時間ぐらいかかってしまいます。近くにバス停はあるようですが…

雰囲気

敷地内に入ってみました。駐車場はけっこう広く、白線もないのでわりとお気楽…まぁランチ時にはごった返すのだと思いますが。

店は民家を改装した風ですね。

f:id:niche_dekae:20190224213233j:image

軒先におっきな壺が見えるでしょうか。この壺で作る焼き芋が名物なわけですね。

入ってみると、失礼ながらこう…三芳という町の雰囲気からはちょっと想像できない空間が広がっていました。

f:id:niche_dekae:20190224213240j:image

ウッディな雰囲気にオシャレな家具の数々。

広々ソファ席が多くとても居心地が良い。ソファも色々な種類があります。高級家具のカリモク60じゃなかろうか…

小さいテーブルを敷き詰めればもっとランチタイムの回転も上げられるのでしょうけど、あえてゆったりスペースをとっているところに こだわりを感じます。

お手洗いからは裏の竹林も見えました。何かすごい落ち着きますねぇ

一人だったので そんなに長居しなかったものの、ほっと一息つけました。

デザートセット

今回はデザートセット900円(税込)でコーヒーとクリームブリュレをいただきます。

f:id:niche_dekae:20190224213257j:image

エスプレッソドリンク等は+100円になるみたいですが、ちゃんとエスプレッソマシンで作ってくれてます。

コーヒーの豆は2種類から選べました。そんなに期待してなかったのに美味しくてびっくり!

そしてデザートメニューはこちらです。

f:id:niche_dekae:20190224213214j:image

下にサツマイモあんが敷き詰められた『おいものクリームブリュレ』。美味しかったです。

しかし私ガッツリ芋を食らうつもりでここに来たのに、ちょっと選択ミスっちゃった…スイートポテトとつぼ焼きおいものために また来なきゃ←

地元の方たちが次々と焼き芋をテイクアウトしていってました。また店内で生のサツマイモや野菜が売られています。

OIMO cafe食べログ

おわりに

もしもランチの難易度が高そうだな~と尻込みしているのであれば、お茶時を狙っていくのも一つの手かもしれません。

ちなみにOIMO cafeがある上富地区は『いも街道』と呼ばれているらしいですね。

さつま芋農家が軒を連ねていることから名付けられたようで、直売所や農園レストランなどがちらほら。

ピザ屋とかパン屋とかチャーシュー屋とか、絶妙に気になる並びです。

f:id:niche_dekae:20190224213323j:image

これはOIMO cafeと同じ敷地?にあった直売所。

何にせよ さつま芋って美味しいですよね~~~

 

関連記事 

www.niche-dekae.com

 

おしまい