ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

ジャズを生んだ街 ニューオーリンズのエリア別音楽案内(と治安)【アメリカ合衆国南部】

こんにちは、DEKAEです。

2018年末、ジャズ発祥の地・ルイジアナ州ニューオーリンズで音楽に浸ってまいりました!

エリア別のライブ情報のほか、気になる治安情報もDEKAEの体感をベースにまとめてみました。

 

ルイジアナ州ニューオーリンズ(NOLA)

New Orleans(ニューオーリンズ)はアメリカ合衆国ルイジアナ州最大の都市。

アメリカ深南部(ディープ・サウス)にあり、訛りの強い現地では「ナーリン」に近い発音に。

New Orleans, Louisianaを略してNOLA(ノーラ)の愛称でも親しまれており、以下本記事でもこの愛称を用いますね。

何と言ってもジャズ発祥の地として名高いNOLA。

この地で生まれた音楽はやがて都会的でクールなものへと変貌を遂げますが、NOLAには当時のままの土俗的なジャズが今も息づいています。

Dixieland Jazz

ニューオーリンズジャズを語る上で外せないのがDixieland(ディキシーランド)でしょう。

ディキシーランドとはアメリカ南部を指す言葉。転じてアメリカ南部で生まれたジャズのことをも指すようになります。

主にブラスバンドによって演奏され、行進曲のようにも聞こえる賑やかで楽しげな音楽。

実はこれ、もともとはアフリカ系アメリカ人の葬儀の際に演奏されていたもの。

彼らは葬送歌に乗せて故人と墓地に赴き、埋葬が終わると楽しい音楽とともに帰ってきました。

通常の葬送歌や讃美歌であるFirst Line(ファースト・ライン)に対しSecond Line(セカンド・ライン)と呼ばれ、これがディキシーの原型です。

あまり興味のない方も『聖者の行進』は耳にしたことがあるでしょう。ああいう感じがディキシーです。

※ちなみに現在『聖者の行進』はNFLのチームNew Orleans Saintsのオフィシャルソング。

今でも伝統的なブラスバンドスタイルで演奏活動を行うグループが多数あり、グラミー賞を受賞しているバンドもありますよ。

 

French Quarter(フレンチ・クオーター)

Burbon Street(バーボン・ストリート)

NOLA観光の拠点となるFrench Quarter(フレンチ・クオーター)。

たくさんの個性的な通りで碁盤目状に作り上げられたエリアですが、中でも有名なのがBurbon Street(バーボン・ストリート)。

数えきれないほどのバーが軒を連ね、中では日夜バンドが生演奏を繰り広げています。

f:id:niche_dekae:20190106173331j:plain

この日は大晦日&道路工事で通りの一部が塞がっていたこともあり ものすごいごった返しています。

普段からNOLAで最も賑わう場所であることは間違いないでしょう。

ここには観光客用の店しかないので素通りします←

Preservation Hall(プリザベーション・ホール)

NOLAに来るのが初めてならばPreservation Hall(プリザベーション・ホール)も外せません。

ここは1960年代から毎日(※)伝統的なディキシーランド・ジャズを披露してきた有名なコンサートホール。

100名以上のミュージシャンが回替わりで登場するため、毎度異なる雰囲気を楽しめます。

ここのメンバーはPRESERVATION HALL JAZZ BANDとして世界各地への演奏旅行にも出向いています。

※ハリケーン『カトリーナ』の被害を受けた時期を除く。

f:id:niche_dekae:20190106234243j:plain

基本的に予約は受け付けておらず だいたい1時間前くらいから並び始めます。

私は5時の回を狙って4時過ぎに並び始めたのですが入りきれず、およそ2時間並んで6時の回に入ることとなりました。

入口で20ドルを払って中へ。現金のみです。

f:id:niche_dekae:20190106234320j:plain

とっても素朴な会場で、狭くて薄暗い部屋に木の長椅子が数脚置いてあるだけ。

多くの人はバンドの目の前で体操座りして聴くか、横や後ろでギュウギュウ立ちになって聴きます。

運が悪い方は部屋にすら入れず廊下から覗きこんでいましたw

私はとにかく座りたくて気が逸り、柱の真ん前の見切れ席をチョイスしてしまいましたが…2時間ひたすら立った後で座れただけありがたいって感じ。

f:id:niche_dekae:20190106234417j:plain

▲中の様子。演奏が始まってからは撮影禁止でした。

なんとなく学園祭のような雰囲気があって楽しいですね。ただし演奏はいぶし銀のプレイヤー達による一級品。

リクエストも受け付けているようで、スタンダードナンバーは5ドル、その他は10ドル、『聖者の行進』は20ドルとなっています。

『聖者の行進』が高いのは、あまりにもリクエストが多すぎてうんざりしているためだそうですw

f:id:niche_dekae:20190106234441j:plain

公演時間は時々変わるようなので直前に確認した方がいいかも。

"ALL AGES WELCOME"とわざわざ書いてある通り、NOLAには珍しくこのホールではお酒が飲めません。純粋に音楽を聴くためだけのハコなのです。

 

Treme(トレメ)

Treme(トレメ)はNOLAで最も古い地区の一つ。

アフリカ系アメリカ人によるブラスバンド文化…つまりニューオーリンズジャズ誕生の地で、現在も有名なクラブが点在しています。

Kermit's Mother-in-Law Lounge

NOLAを代表するトランぺット奏者Kermit Ruffins(カーミット・ラフィンズ)が経営するクラブ。

f:id:niche_dekae:20190106234604j:plain

f:id:niche_dekae:20190106234629j:plain

このように絶対に見逃さない外装です。

事前にライブ情報を見てきたのですが、予定時間を1時間過ぎても始まる気配なし。

バーテンダーのお姉さんも「もうそろそろだと思うけど、いつ始まるか分かんない」と言うので退出しました←

Candlelight Lounge

ここもトレメを代表するクラブ。毎週水曜日、有名ブラスバンドのTREME BRASS BANDがここで演奏しています。

トレメの治安

ジャズ好きにとっては聖地とも言えるトレメですが、一時期の治安はNOLAでも最悪の水準だったようです。

最近はマシになってきたようですが、上記のクラブには必ずタクシーでお出かけください。

特にジャズ発祥の地として名高いCongo Square(コンゴ・スクエア)はルイ・アームストロング公園内にありますが、この公園は昼間でも一人で行かない方がいいとか。

私がカーミットの店を出たときには目の前で人が逮捕されていました。まぁ警察がちゃんと機能しているという証かもしれませんが…トホホ。

 

Bywater(バイウォーター)

Bywater(バイウォーター)はボヘミアンなアーティストなどが移り住んできた住宅街で、NOLAの中でも独特なヒッピータウンになっています。

Euclid Record

f:id:niche_dekae:20190106235226j:plain

地元のジャズミュージシャンのラインナップも豊富と評判のレコードショップです。元旦に訪れたら正月休みでした…

Webb's Bywater Music

f:id:niche_dekae:20190109000145j:plain

楽器屋。正月休みでした…

Voughan's Lounge

f:id:niche_dekae:20190106234908j:plain

夜な夜なイケてる音楽をやっていると噂のVoughan's Lounge(ヴォーンズ・ラウンジ)はボロボロの外観とチープでド派手な内装が特徴。

さすがに昼のライブはありませんでした。

バイウォーターの治安

ここもあまり治安が良くないとの話だったのでビビりながら散策しましたが、どの家もめちゃくちゃ個性的で見ているだけで楽しい。

北側のセント・クロード大通りを越えなければ比較的安全なようです。かと言って夜に歩くもんじゃないと思いますが…

またフレンチ・クオーターからバイウォーターに至る道のりは昼でもあまり気持ちのいい雰囲気ではありませんでしたので、歩く際は用心してくださいね。

 

Frenchmen Street(フレンチメン・ストリート)

粋な大人が集うのがFrenchmen Street(フレンチメン・ストリート)。

f:id:niche_dekae:20190106235120j:plain

浮かれ騒ぐための音楽ではなく本物の音を求めるのならば、バーボン・ストリートには早々に別れを告げてぜひこちらへ。

Louisiana Music Factory

f:id:niche_dekae:20190106235342j:plain

個性派レコードショップ。写真だけ撮って後で来よう!と思ったきり忘れてました…

d.b.a

トレメ地区のCandlelight Loungeにレギュラー出演するTREME BRASS BANDですが、火曜日はこのd.b.aにいることが多いんです。

元旦の火曜日22時から、ここで彼らのライブを堪能しました。カバーチャージは10ドルでした。

f:id:niche_dekae:20190106235508j:plain

この店で今回の旅行を締めくくったんですが…いやもう「終わり良ければ全て良し」な最高の夜に。

f:id:niche_dekae:20190106235537j:plain

客層もすこぶる良くてですね。

オタク風な一人客や父子、落ち着いたカップル、ヒールを履いた綺麗な女の子など色々な人がいましたが、みんな音楽が好きなんだなぁという感じ。

バンドの煽り方もうまくてハコの一体感がたまりません。

大合唱あり、オーディエンスによるダンスバトルありであっという間の2時間。

Maison

d.b.aを出て少し歩いていると、ここからめちゃくちゃカッコいい音が。

f:id:niche_dekae:20190109201220j:plain

Gene's Music Machineというセカンド・ラインをベースにしたバンドで、このMaisonで定期的に演奏している模様。

この店の前にUberを呼び、到着までの間 外で聴いてましたw

フレンチメン・ストリートの治安

フレンチメン・ストリート周辺に一人で行くのは避けるべし、というような情報がけっこうありますが、個人的には大丈夫だと思います。

本当の音楽好きが集まるので雰囲気はとても良いですよ。

ただし一歩脇道に入るとかなり異様な雰囲気なので、明るく賑わっている通り以外には近寄らないようにしてください。

昼間の方が殺伐としており、目の焦点の定まらない人が立っていたり怪しい人に話しかけられたりして不気味でした…。

さすがに女性一人でも大丈夫!とは言い切れないので、不安であれば短距離でもタクシー利用を。どうせならきちんとオシャレして行った方が楽しめます。

実は私トレメ地区に泊まってまして、そこからd.b.a.までUberで行ったのです。

ドライバーに「フレンチメン・ストリートって危ないんですよね?」と聞いたら「全然。君をピックアップしたとこの方がよっぽど危ないよ」とのこと。はは…

 

ライブ情報収集

NOLAにはジャズクラブやライブハウスが数えきれないほどあるのですが、いかんせん情報集めに苦労するんですよね。

適当に店を渡り歩いて気に入ったバンドを見つけるのも楽しいのですが、ワールドクラスのミュージシャンに出会えるチャンスもあるわけですよ。

d.b.a.で毎年NOLAを訪れているという日本の方とお話ししたのですが、そんな常連さんでも『WWOZ』というサイトくらいしか情報源がないとのこと。

WWOZ New Orleans 90.7 FM | New Orleans music to the universe!

現状、網羅的な情報収集にあたっては最も信憑性の高いサイトと思われます。

あとは気になった店やミュージシャンのSNSを地道にチェックしていくしかなさそう。

 

おわりに

NOLAの路上ではものすごいパフォーマンスに出くわすことも しばしば。

f:id:niche_dekae:20190106235607j:plain

ドラッグストアチェーン店の裏で突然激しいジャズをおっ始めたブラスバンド。

この薄暗い通りが一瞬にして熱狂的なダンスフロアと化す様が見ていて痛快でしたねぇ~。

ほいほいとチップが投げ入れられていき、一晩でこれだけ稼げば生計立てられそうって勢い。

良いものは素直に認められるアメリカに、エンターテインメントを志す者が集う理由が分かる気がします。

 

関連記事

www.niche-dekae.com

 

www.niche-dekae.com

www.niche-dekae.com

www.niche-dekae.com

 

 

おしまい