ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

Postcrossing(ポストクロッシング)24ヶ月目の成果報告

こんにちは、DEKAEです。

Postcrossing(ポスクロ)24ヶ月目。今月初旬に送付・受取ともに400枚を超えました!

なにげに2年経っちゃいましたが、その所感は別途記事にしています。

www.niche-dekae.com

アジア

インドネシアより。

新年のフォルムカード!ポップかつアジアみがあって素晴らしいです。

左の切手はカードとお揃いですね。右の切手もデザインのバランスが◎。国旗がリボンのようにかかっているのが秀逸ですねぇ。

そして、消印に2月29日の字がきれいに写っていて嬉しい。こういうのって将来的に価値が上がったりしないんでしょうか?←邪な考え

北米

1971年、David Scottという宇宙飛行士が月面に降り立ったときの写真。アポロ15号のキャプテンだったそうです。

デルタ航空に吸収された、ノースウエスト航空のエアメールシールが貼ってありました!

サックス〜!送り主はエリー湖の近くにお住まいで、冬になると鹿がお宅付近まで来るらしいです。楽しそう

カフェ・プッチーニの絵画!サンフランシスコに実存していたものの、閉店してしまったようです。ノスタルジーを誘う…

サンフランシスコにはシックなのにヒッピーの溜まり場になっているカフェが何軒もあって、巡りたいんですよね~~

旧正月の切手!アメリカにもこういう綺麗な切手がちゃんとあるんですよねぇ←

北欧

「配管のカード」っていうこれまたニッチな希望をプロフィールに書いたものの、誰も送ってくれないまま数ヶ月が過ぎたのですが…

ついにフィンランドからガス管来たー!!笑

こちらの方は秋になると近所の森にキノコやベリーを採りに出かけるそうです。今時そんな赤ずきんちゃんみたいな生活をしている人がいることに感動…

西欧

花の都パリより。フランスでも干支の切手が発行されているとは驚きです。

この方、87ヶ国も旅しているのに日本は未踏だそう(笑)

これもフランスの切手、1965年発行の貴重なものです。恐らくポール・デュカス生誕100周年記念じゃないかな。

「魔法使いの弟子」を別のオーケストラで2回やったことがあります…

ドイツより。アインシュタイン博士でも笑うことがあるんですね←

奥さんに向けての言葉が印刷されています。

パーダーボルンというところにある、テクノロジーに関するミュージアムでゲットしたものだそうです。

お次も宇宙飛行士。ドイツではハイジの切手が発行されてるんですねー。

私プロフィールにチャップリンが好きと書いてるんですが、カードに「ハロルド・ロイドを見ればチャップリンのことは忘れるよ」的なことが書かれてました。

いや〜それはどうかな?←

でも、ロイドとかグルーチョ・マルクスの映像は見たことがなくて、興味あります。この方はプロフィールを見るとギャグ線高そうだし。

ハッブル宇宙望遠鏡!美しい写真です。

こちら、渦中の北イタリアはミラノから…といっても送り主はドイツの方で、トラベルモードでIDを引いたみたい。

「芸術好きならミラノおすすめ」って書いてあったけど、ちょっと今は無理かな〜!←

そしてドイツってセサミストリートの切手もあるんですね、羨ましい。推しのビックバードがいないけれど

「セサミストラッセ」ってドイツ語になっとってウケるw

ベルリンのストリートアート。先月も同じ場所のカードを頂いたんですが、こちらは別アングルです。

中欧

オーストリアの方より、ニュルンベルク旅行のお土産いただきましたw

3Dアニメ的な絵柄。気球に銀河に満月と、欲張っててんこ盛りにした感じがいいですね。笑

東欧

ロシアで放映されていた、ブレーメンの音楽隊のアニメだそうです。

こんなイケイケな人間の男女が登場する話でしたっけ…?ロバも何かイメージと違うし、いろいろと気になる点が…

楽譜の表紙カード!レオナール・ゴーティエ…マイナーな作曲家ですね←

ロシア人の方ですが、スペイン語で書いてくれてました。

ウクライナから届いたのはグーテンベルクの活版印刷っ!ビッグな切手もアーティスティックです。

ミンスクのベラルーシ国立図書館!私この建物が非常に好きで、Google Mapの「行きたい場所」に入れてるんです。

カードにはたくさんの「覚えてほしい言葉」を書いてくれてました。

切手がポスクロ仕様ですね。

ロシアのこれも。

なんとなく公に発行しているものじゃなさそうなテイストなので、もしかして東欧ら辺では好きなデザインの切手を作れるのかな?と思って調べてみたら…

オリジナル切手作成サービス - 日本郵便株式会社

日本郵便でもやっとるやん。

う~んこれは危険…。そのうち自分オリジナルの切手とか作り始めそう←

こちらが送ったカード

台湾南部の枋寮で泊まったホテル「枋客文旅」で購入したもの。このホテルのプールから、台湾海峡を望めるのです。

「太陽の光できらめく水を見るのが好き」という方に送ってみました。

これも台湾、林百貨店で買ったやつ。ハガキの厚みと、ペンの滑りというか書き心地が最高でした。

相手は小さな女の子のアカウントです。こんな登録メッセージがきてました。

「お姉ちゃんも私も、犬とアイスクリームが大好き。お友だちになりましょう。あなたは犬とアイスクリームが好き?」

ごめんね、おじさん犬は好きだけどアイスあんま好きじゃないの、ごめんね(‘;ω;`)ウッウッ

地元に帰省した際、旧下関英国領事館のショップでゲットしたやつ。ここ、下関にしては気の利いたカード売ってるんですよね←

萩市で買った、鍵曲(かいまがり)の風景。「敵の視界を妨げ防御効率を上げるため〜云々」などとグダグダの英語で説明…

「日本のポストカードはいつも独特の視点で面白い」とお褒めいただいたうえ、わざわざ鍵曲について調べて興味深いと言っていただきました!

これもYAMAGUCHI推しの元乃隅稲成~

私の字が綺麗ってんで「芸術家の方ですか?」と聞かれました。はい、そうです

世界遺産のカード希望の方へ、日光東照宮。

パンデミック宣言が出された後にイタリアに到着しました…。封鎖されてますけど、郵便は機能しているのであろうか

めっちゃお気に入りのオーケストラ花札は、クラシック音楽好きのベルギー人へ。スペイン語も話せる方なのでスペ語で書きました。

「アジアからスペイン語のカードが来たのは初めて」とのこと。へへん←

「ティファニーで朝食を」シネマ・コンサートのグッズからの1枚。

オードリー・ヘプバーンはいくつかの映画で観たことがあるだけでしたが、一線を退いてからも素晴らしい人物であり続けたようですね。

このようなポストカード・ブックでした。

デザインや写真のチョイスが女子ッ!

上映会場も女子ばかりで若干肩身が狭かったです。構わず号泣しましたけど←

久しぶりに観たら前半のラスト(ドクを見送るシーン)でも泣いたわ

太宰府天満宮で買ったセットに入っていた「曲水の宴」です。

送るにあたり、これについて調べたんですけどね。

細い水路に、酒の入った盃が流れています。それが自分の前を通り過ぎるまでに歌を詠み、間に合わなければ酒を飲むという、風流なんだかクソゲーなんだかよく分からない遊びだそうです。

登録メッセージには「こんな時だからこそ人とのつながりが大事。ポストクロッシングはそのための良いツールだと思います」と書かれていました。

このご時世に不要不急のハガキなんか出して、余計な仕事を増やすのもいかがなものか…と思ってましたが、そう言ってもらえると救われますね。

ってなわけで、相変わらず書きまくっております←

ダイレクトスワップ

オフィシャルで送ったロシアの方からスワップしたいとのオファーがありまして、頂いたのがこちら。

ロシアでは白樺の木に特殊な棒をぶっ挿して、樹液を集めるのだそうです。この樹液は美肌に効くという噂が…

お返しは京都の絵葉書にしました。ん~ビューチフォー

切手

3月発売の聖歌リレー切手…。延期になっちゃいました…

ご丁寧に台紙まで頂いたけれど…

京都でゲットした清水寺のフレーム切手です。行動がもはやヲタク

微妙に19年6月の発行だったために、82円切手なのですよ。売れ残らないか心配…

おわりに

Expiredになっていたカードが1枚、唐突に登録されました。送ってから362日が経過した日に。

365日経つとシステム上から抹消されてしまうので、奇跡的なタイミングでしたね。笑

ポスクロの運営で登録してくれてました。理由はよく分かりませんが、受け取り主が引っ越してた…とかそんな感じだったようです。

 

www.niche-dekae.com

www.niche-dekae.com

 

おしまい