ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

Postcrossing(ポストクロッシング)26ヶ月目の成果報告

こんにちは、DEKAEです。

Postcrossing(ポスクロ)26ヶ月目。5月の郵便受けは「デリバリー始めました」のビラでいっぱいでしたが、最終週になってようやくポスクロも届き始めました。

なぜか毎月下期型(?)なんですよねぇ

アジア

ひっさびさに中国から〜。期限切れ直前で滑り込みセーフでした。

手前の派手なモノは太鼓っぽいですねぇ

北米

おっ初のタイからか!?と思ったらアメリカからだったやーつ。笑

チェンマイ旅行で買ったカードだそうです。

も行ったことあるような気がするよ…

チェンマイのタイガーキングダムでトラさんと遊ぼう!料金・営業時間も【タイ】

私のプロフィールに「あなたの国の面白い言葉を教えてください」と記載してあるんですが、この方はdemocrat(民主主義者)と書いてました。

…えっと、その心は?笑

わっこういうサイエンス系の写真めっちゃ好み!!Esther Bubleyという写真家の「ガス分析計」という作品です。

この方の面白い言葉チョイスはnincompoop、ばか者を意味するそうです。

でね、でね、切手も全てにおいて最高すぎたんですよ。あまりにも美しいもんでしばらくじっと眺めておりました。

・アメリカの建築〜スミソニアン博物館('80)

・イタリアからアメリカに亡命した物理学者、エンリコ・フェルミ('05)

・ハンガリーの航空工学者にして航空学の父、セオドア・フォン・カルマン('92)

・ルイ・アームストロング!('95)

・ライオンズクラブ('67)

生まれてない時代のまであるし。ライオンズのなんて半世紀前の物なのにすっごい綺麗。

こう古い切手を惜し気もなく貼ってくれると非常に嬉しい一方、私なんかに使っちゃって良かったのかなと申し訳なくもなります。

んで、他の方からも見たことのない切手をもらいました。

意外といろいろあるアメリカの切手…

何かの50周年をお祝いしてる風の消印。何かは読めぬ

西欧

南仏より。表面に思いっきり訳文を書き込んでくれてるよ!斬新。

登録時に「素敵なカードをありがとうございます」などとマジレスしてしまいましたが、よく読むとシュールな内容だったのね。

何かの記念切手なのか、ダブリンの聖堂も美しいです。

これもフランス。「007 サンダーボール作戦」(1965)からのひとコマです。

ショーン・コネリーさんがボンド氏。クレイグさんとはずいぶん雰囲気違ったんですね。

切手はエッフェル塔〜

おあとは全てドイツより。

「ベルリンには行ったことがないので、いつか行ってみたいです」と書いて登録したら、送り主全っ然ベルリンの人じゃなかったw

シェパードの絵かわえぇ

…羊好きなんですが、こんなに大量だとキモいかも←

送り主はドイツ南部の村にお住まいで、窓を開けると羊が見えるそうです。何その童話のような生活…

大手製造業の工場群を擁する町から。

カードは別の町、デュースブルクの公園のものですね。この公園のカードはポスクロを通じて何度か受け取っています。

きらきら光るブルドーザーのシールを貼ってくれました!

送り主は子どもと関わる仕事をしているようですが、ドイツでも小さい子はシールとか喜ぶんですかね~。なんかほのぼのする

こちらは正真正銘の(?)工場ですっ。送り主の地元にある、ガソリンなどを精製する工場だそう。

切手はフェルメールでした。

気球〜♪私気球にはずいぶん人生を振り回されてるんですが、好きなんですよねぇ。これはどこを飛んでいるのかな?

ティーンエイジャーで「しばらく学校に行けてないんです」と書いてました。

学生時代って毎日が本当に濃密ですから、その貴重な日々を制限されるのは気の毒ですね…

まぁ実際自分がそれぐらいの年齢だったら、とりあえずは「えっ学校休み!?ヒャッホー」ってなってたと思いますが←

大好きなThe Kidぉぉぉ。昨年シネマコンサートを観に行ったばかり。

どれくらい好きかというと、iPadのホーム画面を映画のワンシーンにしているぐらい好きです←聞いてない

さて、こちらはドイツ在住のスロヴァキア人から。私のアカウント名がスロヴァキア語である物を意味すると教えてくれて、へえ!でしたw

Wikipediaの「Slovak language」のページにもその単語が載ってますw

こちらが送ったカード

ポスクロ運営にてエアメールを受け付けない国のIDを引けなくしているため、最近はドイツとアメリカが交互に出ます。たまに中国・ヨーロッパの一部という感じ。

送ったカードが今月で450枚を超えまして、一度に引けるIDの数が18枚になっています。

下関の旧英国領事館で買ったピーターラビットは、スペイン語を勉強中のアメリカ人へ。

これがポスクロで受け取った最初のポストカードだったそうです!いえーい

はるきるさん展示会でゲットしたもの。ドイツ宛です。

ドイツではソーシャルディスタンスを保ったままビアガーデンが始まるらしく、「変な夏。」とおっしゃってましたw

車が好きそうな方へ。車関連のは持ってなかったので、同郷の画家・吉村芳生の絵にしました。

これ、まず大判印刷した写真にピクロス的なマス目を打ってます。で、元の写真の濃度をもとにひとマスずつ1から7までの数字を打ちます。

そのマスの全てに1〜7本の斜線を書き入れることで写真を再現したという…言葉で説明するのが難しいですが、とりあえず狂気に満ち溢れた作品なんです←

お相手は中国の方で、花見と温泉のために日本に来たいとのこと。来春はどうなってるんでしょうかね〜。

「福岡大仏」で知られる東長寺を訪れた際に買ったもの。木造の千手観音像で、国指定重要文化財になっています。

東長寺は博多駅から徒歩圏内で、密かなおすすめスポットです。

旅行&マップカード好きに送った京都市街案内図。主要観光地はほとんど網羅されていて気合入ってます。

飛行機好きへ。手持ちのフライング・ホヌ全部使っちゃった。

プロフィールに「あなたの国の言葉を教えて」と書いてあり、消防団で活動している方だったので「火の用心」と書きました。

去年の恐竜博で買ったやつwww

3月下旬にロシア宛に出したものが2ヶ月以上かかって到着。その頃はまだロシア宛のエアメールが受け付けてもらえたのですね。もはや遠い過去のよう…

切手

5月発売の伝統文化シリーズは大相撲です。

84円のは浮世絵でリアルすぎたので、とりあえず63円のみ仕入れました←

えっ?

ぇどういうこと?可愛すぎじゃね?

2020年にドラえもんの連載が50周年を迎えるにあたり、4年ぶりに切手になったそうです。

63円のデザインは、現在ドラえもんを監修しておられる むぎわらしんたろう先生の描き下ろしっ。折りたたむと「どこでもドア〜!」が完成するようになっておる…。

日本郵便のサイトには「旅をテーマに」とかさらっと書いてありますけど、東海道五十三次みたいで非常に凝った図案では?つら

84円のは70~71年の連載当時のカットを採用したそうです。しかも紙質がちょっとヘロヘロで漫画雑誌のような風合いなのぉ~!つら

日本郵便さん本気出し過ぎ…

おわりに

マスクに加えて、特別定額給付金の書類まで配送せねばならない郵便屋さんの負担は増すばかり。

私にできるのは、あちこちの郵便局で切手シートやらご当地カードやらを買って、少しでもノルマに貢献することぐらいです…

www.niche-dekae.com

▼1年前の今月

www.niche-dekae.com

 

おしまい