ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

サンタマリアノヴェッラのポプリサシェでモテを演出

こんにちは、DEKAEです。

お盆休みは地元・下関に帰省しておりました。

お土産、というか自分が使いたかっただけですが、実家の車用にサンタ・マリア・ノヴェッラのポプリを購入して帰りました。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ

フレグランスヲタの皆様には釈迦に説法ですが、一応ご紹介しておくと…

サンタ・マリア・ノヴェッラ(Officina Profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella)

“天然のハーブを用い、自然治癒や予防医学という思想をもとにした、フィレンツェで800 年の歴史を誇る世界最古の薬局です。”

(公式サイトより引用)

古くはメディチ家に愛され、『羊たちの沈黙』のレクター博士も御用達と言われている超老舗。香りの専門店ではなく、元は薬局だったのですね。

福山雅治さんがこちらの石鹸を使っていたなんて話もありました。

いいにおいがする系男子代表として、DEKAEも常々気になっておりましたが、実家へのお土産と言い訳をつけてついにお店に足を踏み入れることができたのです。

 

ポプリの香り

今回購入したのはこちら。

f:id:niche_dekae:20180816223656j:plain

シルクのサシェに、同店を代表する香りであるポプリを詰めたものです。サシェに施された刺繍がまた高級感ありますよねぇ

他に青・緑があります。お店に行ったとき、緑は在庫切れでした。

早速開けてみましょう。中のビニールが二重になっているので、外側の袋を通じて、内袋に数か所小さな穴を開けてみましょう。

このとき、ポプリ本体はなるべく下部に寄せて、上部の何もないところにだけ穴を開けるようご注意ください。

後述の通りオイルが染み込んでいるため、下部に穴を開けると染み出してしまう恐れがあります。

安全ピン使うのがカンタンですよ。

f:id:niche_dekae:20180816223717j:plain

う~ん、穏やかな香り…ハーブの庭にでもいる気分です。ほんの少しツンとくるスパイシーさがリフレッシュ効果をも誘うような…やはり単純な香りよりも薬局らしさを感じます。

一般的なポプリと違って少しウェットなのがポイント。こちらオイルを染み込ませてあり、香りが長持ちするそうですよ。

穴を少しだけ開けることで、狭い車内にもさりげなく香らせることができます。私、車独特のニオイが非常に苦手ですがこれがあればもううっとりです…

そしてこのさりげなさが、恐ろしいモテ感を醸し出すのですよ。私も乗せてもらった車にこの香りが漂っていたら、どこまででも着いていくことでしょう←

他にも、眠る際 枕の下に入れるという使い方も推奨されています。


オーデコロン

いつか挑戦してみたい同店のオーデコロン。店名のサンタ・マリア・ノヴェッラとは「王妃の水」の意で、その名を冠したコロンが同店に現存する最も古い香りです。

王妃と名はついていますがユニセックスで使えます。というか、こちらのオーデコロンは全てユニセックス。

特に気になっているのはタバコ・トスカーナというもの。第一印象はけっこう「甘っ!」って感じ。オーセンティックなバーで葉巻をくゆらせているイメージですかねぇ

この他、「フィエノ」というオーデコロンはナポレオンが愛用していたとか。こういうエピソードってくすぐりますよね…


おわりに

香水は色々とムエットをかいでみたんですけど、全て上品でさりげない。

イギリスのペンハリガンなんかもそうですが、大人すぎてまだまだ私には早い気がしちゃいますね~

こういう、決して主張しすぎないけれど はっきりと個性がある、みたいなにおいが似合う男子になれるよう精進してまいりたいと思った次第です。

 


おしまい