ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

やっと噂のアルゼンチンビーフが東京で食べられるよ【STEAK THE FIRST 高田馬場】

¿Cómo anda?(お元気ですか?)DEKAEです。

ついにわが国での小売りが解禁され、話題沸騰のアルゼンチン産牛肉。とはいえ、まだまだスーパーで見かけることはほとんどありません。

世界中を回ったバックパッカーが「印象に残った食べ物」として挙げることも多いアルゼンチンのステーキ。私も思いっきり食べてみたい!

そんな願いをかなえる場所が東京・高田馬場にありました。

STEAK THE FIRST(ステーキ・ザ・ファースト)

概要

やってきましたのは高田馬場、馬場口交差点にあるSTEAK THE FIRST(ステーキ・ザ・ファースト)高田馬場店です。

この辺りを知る方にとっては「三ツ矢堂製麺があった場所」といった方が なじみ深いかもしれませんね。

店が変わったのを発見した時は結構な衝撃でした…

数あるステーキハウスの中で特徴的なのは、ずばりアルゼンチンビーフがレギュラーメニューになっている点。

もともと期間限定で提供していたものをレギュラー化したようですね。

f:id:niche_dekae:20190809001338j:image

何となく いきなりステーキに寄せた感のある価格設定

選べるお肉のラインナップを見てみると…何と珍しそうなアルゼンチンビーフ(左下)が最安値なのですね!

今回はアルゼンチン産 チャックアイロールステーキ300グラム、デトックスサラダ、ライスを注文します。

チャックアイロールとは肩ロースのこと。日本では一般に安価なステーキ用部位として使用されるようです。

ステーキ

まずはデトックスサラダが来ました。

f:id:niche_dekae:20190809001354j:image

メニューに乗っているサラダ(680円)は複数人でのシェアを想定した量だそうです。410円で一人用サイズに替えてくれました。

この日の夜、確かに○○が良かったので本当にデトックス効果あるのかも。

そしてっ!鉄板をジュージュー言わせながらアルゼンチン産 チャックアイロールステーキ300グラムのご登場!

f:id:niche_dekae:20190809001405j:image

ひゃー厚みが素晴らしいっ。レアで提供されるので、お好みで焼きつけてから召し上がってねとのことでした。

f:id:niche_dekae:20190809001416j:image

基本の調味料はこの3点。私はステーキには塩コショウのみ派ですが、今回はソースをちょこっと&オリジナルスパイスをかけてみました。

個人的にはオリジナルスパイスが好み。ちょっとハーブ味があります。

お好みに応じて その他調味料も追加できるみたいですよ~。バターのみってのがあったら間違いなくお願いするんですけどネ

f:id:niche_dekae:20190809001420j:image

食べてみた印象。

クセがなく もりもり食べられます。アルゼンチンビーフと言えば赤身!というイメージでしたが、少し残してある脂身もほんのり甘味があり、全くしつこくなくて美味!

ま、びっくりするくらい柔らかいというわけでもなく、食感は普通に赤身肉って感じです(笑)

ただ使用されるアルゼンチン産は肩ロースで、同店で最も安価なラインナップとなっています。部位が変われば印象もまた変わるでしょう。

ライスは別途200円(大中小で値段は一緒)。パンやガーリックライスなどのオプションあり。

その他

こちらディナータイムはステーキ専門店というより、イタリアンな居酒屋としての営業がメインのようですね。つまみ系メニューが沢山ありましたし、お冷はお願いしないと出てきません。

サルバトーレ・クオモのカフェメニューもあったのでカフェ使いも可。どういう資本で運営しているのか謎ですけど…

STEAK THE FIRST 高田馬場 → 食べログ

食べログにクーポンもあります。

おわりに

私が行った木曜日の夜、お客さんより店員さんのほうが多いという状況でした…

現状 最も気軽にアルゼンチンビーフを食べられる場所だと思うので、何とかがんばってぇぇぇ

 

都内のアルゼンチンレストランもどうぞ 

www.niche-dekae.com

 

おしまい