ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

神田川のウイグルレストラン ウルムチ

こんにちは、DEKAEです。

高田馬場と落合の間にあるウイグル料理屋、『ウルムチ フードアンドティー』さんでランチをしてきました。 

 

ウイグルっ子との出会い

ある日、お気に入りの水タバコ屋でチルしていたときのことです。

その日はスクリーンでサッカーの試合を流していて、それを表情一つ変えず眺めておりましたら、ふいに隣に座っていた青年から声をかけられました。

都内在住のウイグル出身の方でした。 

ウイグルというのは中国西部の「新疆ウイグル自治区」のことです。この辺、なかなか微妙なエリアなのであまり込み入ったことには言及できませんけれども…

彼からも興味深いことを色々聞いたんですけれど、当局の目が恐いのでここでは触れないでおきます。 

でまぁ、私がウイグルについて知る中で、話題にできそうなことは やっぱり食べることだけ。

新宿と初台の間にある『シルクロード・タリム』さんに行って、ラグメンを食べたことがありますよ、と伝えました。

ラグメンというのはウイグル辺りでよく食べられる手延べ麺のことで、イメージはほうとう的な固さのうどん、といったところでしょうか…?

トマトや羊なんかを使ったエスニックな味付けのものです。

そうすると青年は、東京のウイグル料理は高い、けれど高田馬場にちょっとだけ安いレストランがある、と。そんなこんなで『ウルムチ』さんを教えてもらったわけです。

 

アルコールNGのレストラン

早速行ってきました。

各線高田馬場駅から落合方面に、早稲田通りをてくてく歩いて15分くらい。小滝橋交差点のすぐ手前です。西武新宿線の下落合駅からも歩ける距離。

神田川遊歩道のお散歩ついでに寄ってもいいですね。

土曜の昼、客は私一人でだらだらできました。店員さんたちは物腰柔らか。

公式サイトにはランチメニューの掲載がありましたが、そちらは平日限定かな?この日はありませんでしたので、単品でいくつか。

アイラン

 f:id:niche_dekae:20180805225752j:plain

塩味のヨーグルトドリンクです。

一口飲んでビックリ!むわっと酒のような風味がします。以前にロシア料理屋で飲んだアイランはヨーグルトを炭酸水で割って、塩と砂糖を入れたという感じでしたが、それとは全然違う。

ポロ

 f:id:niche_dekae:20180805225723j:plain

ラグメンは食べたことがあるので、今回はウイグル風ピラフのポロにしてみました。エスニック感は薄いですが、ちょうどいい味付け♪

あとは羊串を一本から注文できるとのことだったので、一本だけ。日本で羊串は貴重ですし、200円/本は嬉しいですね~

鉄の串にぶっ刺さっており、食べるのに少々てこずりました。

ウイグルとトルコは親和性が高いのか、ケバブなんかもあります。ちなみに店員さんもトルコ風でした。

ここで、私と同じ下戸のエスニック好きさんに朗報です。このレストラン、厳格なハラルに則っておりアルコールの提供がありません!

ジュースだけ飲んで堂々としていられるなんて素晴らしいですわ!

ノンアルビールとノンアルワインはあるみたいです

店名の通りお茶に力を入れているようで、珍しいお茶が数種類用意されていました。こちらはポットでの提供のようで、なかなかお値段が張りますが、全種類挑戦してみたいところ。

そんな東京シルクロード事情のお話でした。ウイグルの兄ちゃん、ありがとう♪

 

 

おしまい