ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

高級版シャトレーゼ「ヤツドキ」が近所に爆誕した

楽しいことなど何もなかったご近所に、噂の「ヤツドキ」がやって来ました!!

早速いろいろなスイーツを買いあさっておりますので こちらでご紹介します。

名前は聞いたことがあるけれど、どんなものか気になる…なんて方はぜひご覧ください。

ヤツドキ YATSUDOKI

こんにちは、DEKAEです。

庶民の味方のお手頃ケーキ屋さん、シャトレーゼ。山梨県に本拠地がありますが、現在ではほぼ日本全国にお店を構える巨大チェーン・フランチャイズです。

郊外店舗が中心のイメージのシャトレーゼが都心型ブランドを立ち上げたのは2019年のこと。

その名もヤツドキ(YATSUDOKI)です。

日本の伝統的なおやつタイムである「八つ時」と、八ヶ岳の厳選素材にこだわるという意味を込めて名付けられました。

で、このヤツドキがある場所というのが、銀座・表参道・自由が丘などのそうそうたる顔ぶれなのです。

「安くてそこそこ美味しい」という従来のシャトレーゼのイメージからは一線を画し、ハイエンドなブランド展開を目指しているようですね。

そんなイケてる存在であるヤツドキが、ナゼか近所に突如オープンしました!!

これはもう晴天の霹靂。ユニクロ無ェ・無印無ェ・ケンタもミスドもモスも無ェおらが村に、ヤツドキの県内第一号店が華々しく降臨したのですから…

無い無いづくしだったご近所の一発逆転の大勝利にすっかりご満悦で、頻繁に訪れております。

YATSUDOKI(公式サイト)

焼きたてシリーズ

プレミアムアップルパイ

まずは、ヤツドキと言えば!のプレミアムアップルパイ(税込399円)。店舗で焼き上げる焼きたてシリーズです。

とはいえ、よほどタイミングがよくないと正真正銘の焼きたてにありつくのは難しい。てなわけで、トースターでちょっとリベイク()してみました。

いただいてみた印象としては、「とても食べやすい」!

アップルパイって、食べるとフィリングがはみ出して「パイ生地とリンゴ」みたいになるのがテンション下がるんですよね。

が、これはリンゴが薄めにカットされているためしっかり中に留まり、きちんとパイとしての一体感を保っています。

かといって食べ応えがないかというとそんなこともなく…リンゴの風味がしっかりあるので、小さめカットでも存在感はバツグン。

酸味も少ないので、お子さんでも食べやすいのではないでしょうか。甘すぎるわけではなく、リンゴのコクを感じます。

さすが看板商品だけあるバランスの良さ…

複数個入りのボックスもありますし、購入日の翌日まで保存できるので手土産にも重宝しますね~。

クロワッサン

あんことバターのクロワッサン(162円)。

見るからにバターたっぷり塗ってます的なクロワッサンにあんことバターが挟まっている…なんて罪な食べ物っ

まぁブログ書くにもカロリー消費しますからね

奥にあるのはフィナンシェ(162円)。コンビニ価格でパティスリークオリティがいただけるって素晴らしいよね

スイートポテトパイ

同じく焼き立てシリーズのスイートポテトパイ(345円)。袋を開けた瞬間広がるサツモイモのいいにおい〜。

夜に買ったので焼き立てではなかったものの、パイ生地のサク感は充分残ってました。アツアツサクサクが好みの場合はリベイクしても良さそうですね。

スイートポテトの部分は言わずもがな絶品でした。何ならスイートポテト部分だけ売ってほしい…

これはやっぱり秋限定なんですかね〜。もうずっと秋でいいのに←

生菓子

ミルクレープ

絶対的安定感のミルクレープ様(496円)。

どっしりたっぷり、食いしん坊も満足のボリュームです。それでいてクレープ・クリームともにしつこくないのでペロリといただけます。

てっぺんにはほんのり苦味のあるカラメルソースが。

個人的にひとつだけいただけないのが底のスポンジですね〜できれば上から下まで全部クレープ生地でお願いしたい…こればっかは好みでしょうけど。

一方で最高なのが切り心地。フォークがすっと降りていくときのドゥラララっていう感触がたまりません(笑)

切る際にケーキが崩れてストレス!なんてこともなく、クレープ生地の厚みと硬さが絶妙です。

モンブラン

国産和栗のモンブラン(550円)。

「シャトレーゼのケーキ」と考えると随分張り切ったお値段ですが、すっごい栗感。

さらに、内部には生クリームに紛れて栗の実も入っていたッ!これは満足度が高いですね…

底部は、焼き切られたタルト生地の上に薄いマジパン?のようなものが。パキッザクッという食感が濃厚なマロンクリームと好対照です。

ボックス

ギフトボックス「八ヶ岳からの贈り物」(1,620円)。集まりのお茶請けに持参しました。

その場でも「近所にヤツドキができた」って鼻高々よ←

ブッセとゴーダチーズ、バウムクーヘン、チーズタルトがあわせて8つ入っています。

単品で150~200円程度なので、お菓子プラスお箱代という感じですね。

コンビニスイーツと同程度のサイズ感で、ちょっと食べるのにちょうどいいボリュームです。

ブッセの中には細かなゴーダチーズのチップが入っており、ほのかな甘さの中にコクがあります。

バウムクーヘンには「八ヶ岳白樺シロップ入り」とありますが、確かに樹液っぽい味がするかも!樹液吸ったことないけど

箱が立派なので欲しいという方に持ち帰って頂きました(笑)

ヤツドキは1個だけの購入でも袋を無料でくれるし、お渡し用のお手さげは有料だの何だの言わないし、本当に良心的…

▲開店記念キャンペーンだったらしく、後日有料化されました

和菓子

おはぎ

和菓子好きをも狂喜乱舞させる、丹波大納言仕様のおはぎ(2個で399円)。

このサイズで400円はちょっと高いかなぁと思いつつも、あんこの炊き加減とか適度な甘さとか、随所にこだわりが見られます。

市販のおはぎのように胃もたれしないし←

「丹波大納言」と謳っているので、あんも国内製造だと信じたいところです。めざせ食料自給率向上

どら焼き

白州の名水で炊いたあんこに北海道産バターを加えたバターどら焼き(162円)。

袋に「東京銀座」って書いてある…。銀座ブランドを目指すわけですね。

大きく八の字の焼き印入りで縁起がよろし。

開けた瞬間ぶわっと卵?の香りが。生地からもかなり卵の風味がします。

あんバターは、なんかバターがしょっぱくて柔らかいのでマーガリンかと思っちゃった。

実は卵感の強い蒸しパンとかがあまり得意ではないこともあり、個人的には若干苦手な味でしたごめんなさい…

わらび餅

白州名水わらび餅(324円)。常温で2日間もつようです。

わらび餅ってべちゃっとしがちなのできなこは別添えのこともありますが、こちらのは最初からまぶしてありますね。

ビニールを隔てて黒蜜と菓子楊枝が入っています。

黒蜜をてろ~んとかけていただきます。

徹底的に水気を切ってあるようで、まったくべちゃっとしません。適度な歯ごたえととぅるんとしたのど越しが楽しいです。

白州名水を謳っているだけあり、味わいもとてもクリアで万人受けしそう。

おはぎ同様、ちょいと高いかなと思いましたが秀作ですね…

スムージー

おや、スムージー?という感じですが、確かに売られていました。1リットルで518円と、市販品とほとんど変わらない値段です。

200mlで、一日に不足しがちな食物繊維と葉酸を補えるそうですよ。

本当はもうひとつの白桃スムージーが良かったんですが、そちらには天敵のバ○ナが入っていたので断念しました。

ていうかバ○ナが入った時点でもうバ○ナスムージーですからね、それ

色合いはこんな感じ。ガチのスムージーほどドロドロではないものの、ややとろみのある飲み口です。

驚いたのが、苦味も含んだ野菜の味がしっかりするんですよね。果物が少なめな分、甘み控えめなのが個人的にはとても好みでした。

おわりに

実は私シャトレーゼにも行ったことがなく、実際どういう方向性の味なのかが分からなかったんです。

ヤツドキのいろいろなメニューを試してみて感じたのが、圧倒的なバランスの良さ!

本格スイーツ狂を満足させるにはパンチが足りないかもしれませんが、どれも万人に愛される素朴な味なんですね。

しかし、日本の美味しい食材の力で確かな満足感を得られます。市販品に比べて「ケーキ屋さん」の温かみを感じられるのも魅力かな。

全国的に人気になるのも納得なシャトレーゼ。ちょっとしたお祝いやご褒美に、高級版のヤツドキもぜひお試しください。

関連記事

www.niche-dekae.com

 

おしまい