ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

枋寮に滞在するならイチオシ!枋旅文客の快適ホテルライフ【台湾・屏東】

你好(リーホウ)、DEKAEです。

台湾最南端の県、屏東県の枋寮は「寂れた港町」という言葉がこの上なく似合う地域。

しかし、鉄道好きから人気の路線「南廻線」の発着駅ということもあり、立ち寄る旅行者も意外と多いのです。

そんな枋寮に、満を持して快適なシティホテルが誕生しました。

ノスタルジーあふれる港町に新風を運ぶ、スタイリッシュなホテルライフのご紹介です。

枋客文旅 Fangliao Hotel

概要

枋寮文旅(ファンリャオ・ホテル)がオープンしたのは2018年。

それまで枋寮駅周辺にはホテルというホテルがなく、簡素な民宿やホステルが点在しているのみでした。

しかし、何でまたこんな田舎にこんな立派なホテルを建てたんだろう?という感じですが…

日本の方のブログで紹介されていたところによると、どうやらデザイナーであるオーナーが屏東県の出身だそう。

自身の地元に観光客向けの快適なホテルを作り、地域活性化に一役買おうとしたようです。

辺りには他に高い建物がないので、駅を出た瞬間に発見できます。というか、枋寮の町のどこにいても見えるので迷う心配がありません(笑)

隣にはスーパーもあって便利♪至近距離にセブンイレブンも2軒あります。

ホテル内のランドリーサービスは21時にクローズしてしまいますが、ホテルのすぐ近くに24時間営業のコインランドリーがありました。

枋寮はすげー田舎のわりに(←)滞在にあたって不便なことはないでしょう。

予約

枋旅文客は各種予約サイトから予約可能です。私はBooking.comを使いました。

当初、スタンダードのダブルルームに1月1日の宿泊で、7,000円弱の部屋をとりました。

その後、やはりガーデンビュー付の部屋にアップグレードすることにして、9,000円弱に。

オフシーズンなら5,000~6,000円で泊まれるようですから、スペックの割にリーズナブルです。

チェックイン

フロントには若い小姐が2人。台湾語で話しかけられて固まっていると「日本人ですか?」と聞かれ、以降日本語で手続きしてくださいました…

この「英語よりも先に日本語が出てくる」っていう体験が台湾では非常に多くて驚きます。

部屋は新しいホテルらしくタッチ式のカードキー。2枚くれるので便利です。

部屋

部屋はナチュラルなウッドテイスト。

派手さは無いものの、良い意味で生活感があってリラックスできる内装です。

何より、新しいホテルということもあり非常に清潔です!これなら潔癖症の日本人でも満足でしょう。 

そして窓からの景色が、なんと…

ギリオーシャンビュー!

本来、私の予約していたガーデンビューでは海が見えないはずでした。ホテルの厚意で無償アップグレードしてくれていた可能性があります。

以下、その他の設備のご紹介です。

ここで十分寝られますよっていうくらい立派なソファベッド!

無いと困る類のものではありませんが、こういうのがあると嬉しいですよね~。

クローゼット、荷物を置くスペースも十分です。

テーブルに置かれた鏡は顔がドアップで映るタイプ。化粧がしやすそうw

台湾では、たいていのホテルでペットボトルの水がサービスで付いてきました。

準潔癖症のDEKAEとしては、水回りが美しいと非常にありがたいですね。

このおトイレはウォシュレット機能付きだったような気がします。

そしてシャワーブースがきっちり分かれているのはポイント高し。

台湾の古いホテルってシャワーの横に仕切りもカーテンもなくて、トイレや洗面台までびちょ濡れになってしまうんですよね。

アメニティセットがおしゃれー!

ホテルのデザインが描かれており、細部に至るまでこだわりを感じます。

使った後で気付いたのですが、裏返すと柄変わるんですぅぅぅ。可愛くなぁぁぁい!?←

特産品のしらすと蓮霧(レンブ)という謎のフルーツ、そして枋寮のランドマークである橋がデザインされています。

歯ブラシ・シャワーキャップ・カミソリ、そしてスリッパとドライヤーも部屋にあったので、寝間着さえあれば手ぶらでOKですよ。

部屋のあちこちにコンセントがあって◎。

全てのインテリアにはきっちり角ガードが施されており、ファミリーフレンドリー。子連れの宿泊客も多かったです。

セルフコーナー

フロントの横には談話室のようなスペースが設けられ、無人売店のような形で宿泊客が利用できるようになっています。

立派なコーヒーマシーン。産地ごとに複数の豆が置かれているという、贅沢なセルフサービス。

好みの豆を取ったら、50TWDを箱に入れるシステムですね。

同じスペースで特産品も売られていました。こちらはフロントに持って行ってお会計してもらいます。

自由に押していいハンコも種類豊富!

もちろん全部押しました。楽しいw

もともとこのスペースにはカフェが入っていましたが、現在は枋寮駅前で独立して営業しています。このカフェも後ほどご紹介。

夕食

残念ながら枋旅文客はディナー対応のレストランを併設していないため、夕食は外に食べに出る必要があります。

せっかくですから、枋寮名物のしらすを頂いてみましょう。

www.niche-dekae.com

海鮮メインのちゃんとしたレストランもありますが、こちらは20時ごろには閉店するようなので要注意です。

大きな夜市こそありませんが、屋台や食堂はたくさん並んでいます。

SKY BAR & POOL

枋旅文客のアイコンとでもいうべきポイントが、屋上にあるプール付のバー。夜と朝だけ開いており、水着があればもちろん泳げますよ。

また宿泊客はバーの割引券がもらえるため、夜はこちらでチルアウトしようかなと目論んでいたのですが…

入口で立ち止まっていると聞こえてくるのは、大音量で流れる良い感じの音楽と、盛り上がっている風の会話(英語)。

ここは私の居場所ではないと判断し、そそくさと部屋に戻りましたw

朝食

宿泊客には無料朝食ビュッフェがついてます。

はじめにお断りしておくと、味だけで言えばその辺の食堂とかで食べたほうが絶対に美味しい(笑)

ただ、単なる西洋風なビュッフェかと思いきや、台湾的なメニューもあったのが良かったです。

中華饅頭に台湾風の味付けのフライドチキン!

魚丸湯(魚団子のスープ)やお粥もあります。牛肉をほろほろに煮込んだものもあり、「牛肉粥」なるメニューを勝手に考案して楽しんでおりました。

ホットの豆乳もありますっ!

そして右に転がっているのが、蓮霧(レンブ)っていう謎のフルーツ。

リンゴのような軽い酸味と甘みがあって、食感は梨に近いかなぁ…。予想していたよりは美味しかったですが、何となく不思議な食べ物でしたw

枋寮駅でもゴリ推しされています。

で、朝食後に屋上リベンジして来ました。

朝のプールも良い感じやん!w

子どもと一緒に泳いでいるファミリーもおり、ムーディーな夜からは一転、和やかな雰囲気です。

バーも朝から営業しています。コーヒーや紅茶もあり、割引券を使えば無料に!利用しない手はありません。

枋寮の町並みを一望しながらの朝も良いものですね。

レンタサイクル

私は時間がなくて利用できなかったのですが、宿泊客は無料で自転車が借りられるようです。

お隣の枋山郷にも風光明媚なスポットやお洒落なカフェがあるらしく、ちょっとしたサイクリングに良さそう。

半島珈琲 Fangliao Coffee

チェックアウト後にやって来たのが「半島珈琲」。以前、枋旅文客に入っていたカフェです。

実は、枋旅文客に宿泊すると半島珈琲の割引券ももらえるのですよ。

古民家カフェ風のエントランス。

中に入ると、広い4人がけの席に案内されたので「いいのかな?」と思っていたら…

店内を探検してみて納得!外観の印象とは違って随分な大箱なのでした。

カウンター席に配置された、高さの異なるスツールが可愛かったです。

メニューを見てみましょ~。

ナチュラルに日本語が書かれていますが、店員さんたちは日本語は話さないようです。流暢な英語を話されてました。

注文したのはダッチコーヒー。水出しのコーヒーです。

店内にはさまざまな豆の他、コーヒー関連の機器もあちこちに置いてあります。コーヒー好きには楽しい空間。

店内は撮影可とのことだったので、淹れてくれる様子も好き放題撮らせていただきましたw

ワイングラスに球状の氷だなんて、プレゼンテーションも凝っているじゃありませんか…。

ホテルの部屋にも置いてあったお菓子が無料で付いてきました。

ダッチコーヒーはしっかりコクがあって、されど後味はすっきりで美味しくいただきましたよ~。

おわりに

快適なシティホテル「枋旅文客」の登場によって、ますます滞在のハードルが下がった枋寮。

鉄道旅の中継地点として、はたまた人気の観光地とは一味違う台湾を知りたいあなたに。

枋寮滞在、おすすめです。


関連記事

www.niche-dekae.com

 

おしまい