ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

Postcrossing(ポストクロッシング)30ヶ月目の成果報告

こんにちは、DEKAEです。

Postcrossing(ポスクロ)30ヶ月目。例のコロちゃん騒動によって、ヨーロッパの一部では再び規制が強まっていますね。

それが影響しているのかどうか、最近のやりとりはアメリカ&ドイツ率が高い気が…

アジア

日本語が話せる台湾の方より。佐賀のバルーンフェスのことも知っているので相当な日本通と思われます。

ちょうど台東の気球フェスティバルをやっているときに書いてくれて、行きたかったけど混雑がひどいので諦めたとのこと。特に今年は海外に行けなくなった分、余計人が集中したそうです。

ところで手前の気球は見事にひっくり返っているように見えるのですが…いかなる状況なの

こちらも台湾から。ふわっふわ…しかも子どもはなぜドヤ顔なの?かわいすぎてつらい

この方は日本の食文化に関する本を読んで、特に親子丼に興味があるそうです。

豪州

ひッ(息を飲む音)

かつてこれほど贅沢なマルチビューの使い方があったでしょうか…

切手にはウォンバットを二頭も並べてくれるというホスピタリティ…

右のもいろいろあしらわれていてカッコいいし。アボリジニ的な何かでしょうか。

本文は「G'day!」という挨拶から始まり、特徴的なオーストラリア弁をたくさん並べてくれてました。

いつか渡豪したときに使おーっと。

そして数日後に届いたこちら。

はぁんかわいい、思いっきりG'DAYって書いてあるし…などと思いながら登録しようとしたら、「このIDは登録済みです」と出てくるではありませんか。

調べてみたら、上のマルチビューカードと全く同じID!

そういえばそれを登録したとき、なぜか別の画像がアップロードされていて不思議に思ったんでした。それがこっちのカードだったわけね。

私としてはかわいいコアラちゃんに囲まれてハッピーって感じなんですが、メッセージの内容が似たようでちょっと違う…

2枚送ってくれたのか単純に間違えたのか謎なので、一応「もう一通受け取りました!」というご報告はしときました。

北米

オハイオ州より。ミシガン湖ってこんなデカい船が浮いてるんでしょうか…

覚えてほしい面白い言葉は"catty wampus"。ネットで検索すると「ネコみたいにイヤなヤツ」と出てきますが、この方は「乱れた状態」と解説を書いてくれてました。

で、この方の切手がね!

2020年発行のHip Hop切手っ!!

USPSの切手販売サイトで見て、ヤベー超欲しいと思っていたので最高にハッピーだYO。

北欧

まずはエストニアから。

「私からのカードが届いたから、あなたにとって今日はいい日ね!」という斬新なメッセージとともにwww

エリザベス女王のポートレイトですが、ダイアナ妃の顔写真が大量に並んだモザイク画になっています。若干の狂気を感じる

フィンランドより、めっちゃ好きな感じのアートが。イギリスのいわゆる「テイト」に収蔵のものだそうです。

駅の切手と関連して、東京に行ったときは新宿駅の巨大さに驚いた〜と書かれていました。

そして、この方が私に覚えてほしいフィンランド語は"lämpimämpi"。英語だとwarmerで、「今日は昨日よりlämpimämpiだね」的な使い方だそうです。

äは猫のように発音してね、とのこと。ラア゛ァァンピマア゛ァァンピみたいな?カオス…

西欧

アイルランド語(ゲール語)ってのは英語とはまったく違う分類なんですね〜。

現在は国民の大半が英語を話すようですが、あえて「アイルランド語の面白い言葉」を書いてくれてました。

スイスから、オディオン・ルドンの静物画っ!

私のプロフィールに「ルドンが好き」と書いてあるのを見て、わざわざ電車に乗って買いに行ってくれたそうな!!

うーんけっこうご年配の方なんですが、こんな時に恐れ入ります…

まぁ「明日は息子のお嫁さんとチューリヒに行くの、るん♪」みたいな感じだったので、アクティブな方なのでしょう。笑

ドイツ。

合成感wwwww

ひゃあっ ガーリー&グリッター!!

私みたいなのがこんなきらびやかなカードを頂いていいのでしょうか…それともアレかな、プロフィールから女子力が滲み出ちゃってたかな?←

Kasselという街の風景を描いたものだそうですよ。すごく良いですね

きたー!非常に好きなThe Muppets、初めて頂きました。

しかも有名どころのカエルとかではなく、ご老人方っていうところにセンスを感じますよ。

きゅんです。

ポリッシュ・ローランド・シープドッグっていうポーランド原産の牧羊犬だなんですって。かわいすぎる…優しそうすぎる…

ポーランドの古〜いカードで、色あせてドリーミーなタッチになっているのがまたね、きゅんです←言いたいだけ

中欧

プラハ〜!個人的に大好きな19世紀末〜20世紀初頭ごろの様子だそうでテンション上がります。

チェコからは、この横長タイプのカードがよく届くイメージがありますね。

ポーランドの原風景とでもいうべき、ソコレ山麓の神々しい瞬間です。切手は完全なる謎…

ポーランド人にとっても難しいという早口言葉を書いてくれてました。

W czasie suszy szosa sucha.

「干ばつの間の乾燥した道路」というフレーズ。翻訳機に入力して読んでもらったら爆笑でした。

あ、登録メッセージにTokyo tokkyo kyokakyokuとでも書いとけばよかった!

東欧

ロシアから気球の絵〜♪

7月下旬の日付が書かれてました。ロシアから日本への発送はもう可能なんですね。

日本からロシアへはまだ送れないようですが、ヨーロッパ内の郵便などは再開しているのかな?

こちらが送ったカード

恐竜好きへ〜。

「高所恐怖症なのに気球に乗ってきました」と書いたら、お相手も高いところはダメだそうで「テレビで見るのも嫌」とのこと。

世界中にいるんですね、そういう人。人類って不思議

funnyなカード好きへ、「がっかりパンダ」です。「がっかり」はdisappointedを表す日本語のオノマトペです、と紹介してみました。

米国宛のねこ。酷暑の時期だったので「毎日こんな感じで倒れています」と書いて送りました。

相手も、これが届いた日からようやく秋の気配がし始めたとのこと。

そんなことより、先月の嵐で家に樹が倒れてきて大変な状況らしいです。「でもこのカードのおかげで明るい気分になれました」とまで書いてあって恐縮…

大さん橋で買った黒船カード。

ワイオミング州にお住まいのお相手でしたが、登録してくれた日に吹雪がきたそうです。

コロラド州でも「24時間のうちに猛暑から吹雪に変わった」というニュースを見ましたけど、エアコンとか壊れそう

神保町で買ったちぎり絵カードはクラフト好きへ。めっちゃ季節外れな桜柄…

「和紙について初めて知り、いろいろ調べてみました。新しいことを知れるのがポスクロの醍醐味です」とうれしいメッセージが!

愛しのウィーンへっ!

ウィーン愛を語りすぎてあんみつの説明がほぼ書けず…ぴえん

2020年7月、豊島区立トキワ荘マンガミュージアムなるものがグランドオープンしました。

トキワ荘は手塚治虫先生をはじめ、昭和を代表する漫画家たちが下宿していたという伝説の木造アパート。

当時の姿を残しつつ博物館にしたのが本施設です。中には入ってませんが、近辺でも少しグッズを売っていたのでこの絵葉書をゲット。

ベラルーシのManga好きに40日かけて届きました。

靖國神社に売っていたハガキです。詳細不明…

相手のアイコン画像がスカイダイビング中のご自身の写真だったので、「ダイビングとかする人の気持ちがマジで理解できない」と書きました(笑)

お返事は「それほど恐くないですよ、ただ落ちるだけだし」。

ちょっと何言ってるか分からない

切手

9月発売の「国勢調査100年」記念切手シートです。またテーマの渋いことよ

棒グラフと大正時代の人々が並ぶデザイン、かわいすぎでは。

ぽすくま切手。和柄が妙に小粋なので2種類とも買ってしまった…

おわりに

そういえば、一時期復活していた中国宛のIDを9月は全然引かなかったですね~。そして向こうからのカードも7月を最後に途絶えています。

またバタバタしてるんでしょうかね←

www.niche-dekae.com

▼1年前の今月

www.niche-dekae.com

 

おしまい