ニッチでごめんね

A pulp information about lesser-known world

Postcrossing(ポストクロッシング)70ヶ月目の成果報告

こんにちは、DEKAEです。

Postcrossing(ポスクロ)70ヶ月目の1月。

送った数が1900を超えたのですが、引けるIDの数が前回と同じ47のまま!

これまで50枚送るごとに上限がコンスタントに上がってきましたが、ここで打ち止めなのでしょうか。

豪州

エミューさんです。

「先の震災についてお見舞い申し上げます」とのお言葉を頂きました。そんな中、「もうすぐ娘一家が日本旅行に向けて出発します」とのこと。

娘さんは大の日本好きで、もう何度も旅行に来られているのだとか。この時期ということはスキーでもするんでしょうか。

北米

「こういう国立公園のカードが好きだと思って」選んでくれた1枚。テキサスにあるビッグベンド国立公園です。

レトロな絵画調の観光ポスターシリーズが好きなんですよね。白馬がいるのもグッドです。

アラスカの犬ぞりっ!

ひとしきりそりで遊んでもらった後、わしゃわしゃ撫でさせてもらいたいという欲望がすごい…←変態ですか?

この子たちはマラミュートかなぁ?ハスキーとよく似ていますが、全然違う犬種らしいですね。

オレゴンから来たハガキですが、カスピ海の衛星写真です!

いや〜なんせ私「カスピ海フェリーに乗る」というのがバケツリストにありますのでね、これを見てイメトレしておきたいと思います。

送り主が住むのはペンドルトンという地で、毎年ロデオ競技会が催されることで有名なのだそう。

ペンドルトンと聞くとネイティブ柄が特徴的なアパレルブランドが思い浮かびます。

おおお2023-2024の年越しを過ごしたニューヨーク・シティ…(自由の女神はまだ生で見たことがありません)

送り主はボストン在住ですが、ニューヨーク出張があった際に購入したそうです。

落ち着いてそうなイメージのボストンからだと同じアメリカでもやかましいでしょうね。

ニューヨークって旅行とか住むとかより、出張で行くぐらいが一番楽しいような気がするw

「この言葉を使っている人がいれば中西部出身と分かります」という言葉。

何かミスったときや問題が起きたときに「うわぁ」みたいな感じで出てくるようです。発音は「オゥプ」という感じでしょうか…。

「外科手術のことかと思いました」と登録メッセージを送りました。

バンクーバーからはカナダならではの単語をたくさん書いて送ってくれました。

たとえばtoque、これはボンボン付きのニット帽のことのようです。ネット情報によれば、フランス語でコック帽を意味する言葉から変化したみたいですね。

また、parkadeは立体駐車場のことだそうですが、これはパーク+アーケードでなんとなく想像つくのが面白い。

「先週亡くなった父に代わって送ります」という書き出しで始まるメッセージ。

お父様がどれほどポスクロを楽しんでいらっしゃったか、そしてポスクロコミュニティを共に作ってくれたことへの感謝が綴られていました。

そうですか…なんか切ない

書いてあるIDを登録すると「登録済み!」と出てきました。私はお父様ご自身で書いたハガキをすでに受け取っていたんですね。

本人のプロフィールはしばらくログイン履歴がありませんでしたが、IDを引いたときのメールを控えておいたのかなぁ?

まだまだ落ち着かない日々の中、娘さんも書くことで気持ちの整理をしていたのかも…などと考えてみたり。

届くか分かりませんが、ポスクロのサイト経由でお悔やみのメッセージを送りました。

西欧

スペインの画家、イグナシオ・スロアガの作品です。ミュンヘンで彼の展示があり、そちらで購入したとのこと。

スペインにはまだ行ったことがないですが、こういう岩がゴツゴツした地形に無理やり作ったような町がけっこうあるイメージです。

この絵の舞台も、現在もこのまんま残っているんじゃなかろうか。

オランダからのシュールな1枚。

送り主はかなりの朝型で、「まだ人々が眠っているうちからサイクリングに行くのが好き」とのことです。

私は人が眠りにつくころに徘徊するのが好きなので(怖い)なかなかそのために早起きしようとは思えませんが…

「光めざまし時計を使うのもいいかもしれません」とも書いてありました。

へ〜〜〜そんな物が売ってるんですね!私明るいところでは寝られないので、それを使えば朝起きられるようになるかも。

東欧

最近ポスクロを始めたらしきウクライナ女子より。

面白いウクライナ語ということでЗдыбанка(Zdybanka)を教えてくれました。

怪しい会合のことを意味するそうですが、検索したらウクライナにこの名前のホテルがありました。

あと、最近ロシア人のことを何て呼んでいるかも書いてあったのですが、それはさすがにここに載せられない💣

こちらが送ったカード

1月といえば年賀状、この時期にしかない日本の文化紹介ということで重宝します。

種類が膨大で選ぶのに難儀しますが、新年のあいさつだと一目見て理解できるもの・絵柄の空白部分が少ないものを選ぶのがDEKAE的ポイント。

こちらはウォーリーを探せ状態のドラゴンのイラストです。

「あなたの国の朝食に興味がある」というアメリカの方へ、「日本のお正月には多くの家庭で雑煮をいただきます(ドラゴンは入りません)」と書いて送りました。

登録メッセージで興味深いお話を書いてくれており…

アメリカの一部の地域では新年に「黒目豆」を食べる風習があるそうです。

送り主は今年「テキサス・キャビア(またの名を「カウボーイ・キャビア」)」にして食べたそうです。

気になって自分でも調べてみると、南部では黒目豆を使った「ホッピン・ジョン」という料理が新年の定番なんだそうです。

まさに豆知識でした!←黙って?

謎に郵便局で売っていたたべっこ動物年賀状です。

龍がいるわけでもなく正月感は皆無ですが、近年のたべっこ動物ブームにまんまと引っかかっているミーハーおじさんです。

おっとっとの箱www

これ恐竜バージョンで可愛かったんですよね〜。で、捨てるのもったいなくて縦長のハガキとして再利用いたしました。

プロフィールに何も書いてない人で登録もサイレントだったんですが、Wallにポジティブなコメントを残してくれました。

レコード収集が趣味のドイツのおじさんに送った、おめでたい富士です。

「私はカセットテープにハマってます。東京には専門店もあるのです」と書いておいたら、「そこには空のテープも売ってますか?」とメッセージが。

とりあえずお店のURLを送ってみましたが、どう使うつもりなんだろう…アナログマニアは時に思いもよらぬ遊びを思いつくので興味深いです。

ジュラシックワールドシリーズが大好きな方に送ったカードです。

2023年はジュラシックパーク30周年で、記念のポップアップストアが現れて高まりました。

劇中のスチールを使ったポストカードもたくさん売られていて爆買いしたわけですが、そのうちの1枚をチョイス。

このシーンはなぜかよく覚えています。

「蒸気船ウィリー」の著作権切れが話題のミ◯キーマウス先輩…

少々珍しいフィリピン宛だったのですが、ちょうどこれを送ったころにドライマンゴーをお土産で頂いたんですよね。

それがすこぶる旨かったということを書いておいたら、登録メッセージで言及されていました。

思い出したらまた食べたくなってきた…7Dのマンゴー!

ドイツのビール好きに送ったオリオンビール。

「ドイツにも美味しいビールがたくさんあると聞いています。私はお酒飲めないんですけど」と書きました。

お返事をくれるというのでアドレスを送っておきましたよん

おわりに

冬休み明けのためか緩やかな動き。

Travelingのハガキの数が積みあがってきています…

www.niche-dekae.com

▼1年前の今月

www.niche-dekae.com

 

おしまい